トイレットペーパーの品切れや品薄が続く札幌!解消するのはいつ?

札幌では非常事態宣言が発令された直後から、一気にトイレットペーパーが品切れとなってしまいました。

トイレットペーパーに関しては、すぐに回復するとアナウンスされており、私は素直にそれを信じていました。

ところが、品切れになってから1週間が経過しても、札幌では品薄の状態が続いています。

ちなみに、ティッシュペーパーの方は、購入制限がありますが、徐々に店頭に並ぶようになってきました。

いつになったら、トイレットペーパーの品薄は解消されるのでしょうか。

今回はその原因を追究し、解消される時期について調べていきたいと思います。

Sponsored Link

トイレットペーパーの品切れ

トイレットペーパーは緊急事態宣言が発令するまでは普通にありました。

その翌日は、緊急事態宣言に素直に従い、我々家族は外出を控えることに。

しかし、実際には、緊急事態宣言が発令されたにもかかわらず、スーパーが大混乱だったというニュースを目にしました。

そこで一抹の不安を覚えることになります。

そしてさらに翌日の日曜日の朝に、近所のイオンへ買い出しに出かけました。

そこで驚くべき光景を目の当たりにします。

本来あるべきトイレットペーパーの棚には、見事に何もありませんでした。

さすがにここまでスッカラカンの状態になるということは想像もしていません。

そこで驚きと共に、強い焦燥感に襲われることになります。

その日はトイレットペーパーだけではなく、ティッシュペーパーも完売していました。

その他にもカップ麺やインスタント麺、パスタやレトルト商品も品切れか品薄の状態に・・・

さすがにヤバいと思い、他のお店にも足を運びます。

トイレットペーパーとティッシュペーパーは完全に品切れでした。

食料品に関しては、品薄ではありましたが、イオンほどひどい状態ではありません。

その後も2軒ほどトイレットペーパーを探す旅に出ることになります。

ティッシュペーパーに関しては、購入制限がありましたが、一応購入することができました。

しかし、トイレットペーパーは本当にどこにも売っていなかったのです。

一時的な状態だということを信じ、月曜日になりました。

月曜日は仕事なので、私は買い出しに行くことが出来ません。

そこで妻にトイレットペーパーの状態を確認してもらうことにしました。

すると妻から写真が送られ、トイレットペーパーは全然大丈夫とのこと。

さいわいまだ備蓄が残っていたので、妻は購入しなかったそうです。

少し不安を感じ、半信半疑ではありましたが、品薄は完全に解消されたのだと信じることに。

そして、その週の木曜日に、私も朝からイオンへ。

とりあえず気になっていたトイレットペーパーの棚をチェック!

あれ?トイレットペーパーが無い・・・

1つ残っていたのですが、シングルタイプの本当に質の悪い商品でした。

さすがにそれを購入する気にはなれず、帰りに念のため、ドラッグストアの状態をチェックしに行くことに。

そこでは、購入制限はありましたが、普通のトイレットペーパー(ダブルタイプ)が少しだけ残っていました。

とりあえずその中の1つを購入し家路につきましたが、全然品薄な状態に、ひょっとして、これは結構長引くのではないか?と感じるようになります。

その後、スーパーには行けていませんが、どうやらしばらくは、品薄の状態が続くとの情報が。

なぜなのだろう?と思い調べてみることにしました。

Sponsored Link

トイレットペーパーが品薄の原因

テレビでは、店頭にトイレットペーパーを陳列しているお店が紹介されていました。

全然心配ないですよ~とのことですが、札幌の中でも、うちの周りだけが品薄なのでしょうか?

チョロチョロと入ってくる情報によると、場所によっては本当に大丈夫とのこと。

しかし、品薄が続いているとの情報もあります。

同じ札幌でもその状況は全く異なっており、また、お店によっても全然違うということが分かりました。

不思議な現象だな~と思い調べてみることに。

そうすると、なるほどねと納得する答えに巡り合いました。

物流の問題

生産体制は特に問題なく稼働しており、各メーカーには、十分な在庫があるそうです。

しかし、ネットでの発注も増えていることに加え、物流業界の人手不足から、十分な配送を行えていないとのことでした。

しかもトイレットペーパーはかさばるので、配送センターでも保管スペースが限られているそうです。

確かにトイレットペーパーほどかさばらないティッシュペーパーは、比較的品薄状態が解消されていますよね。

つまりは、物はあるけど、それを配送するところで止まっているということです。

ということで、待っていれば必ず店頭に並ぶということで安心しました。

心理的な問題

店頭に品薄の状態が続くと、それを見た人たちが不安に感じ、必要以上に買いだめしてしまうそうです。

確かに私も、今はその心理状態に陥っていますね。

とはいえ、タイミングが合わないと、本当に購入することが出来ないのも事実です。

我が家ではトイレットペーパーの消費量が多いので、普通の家庭よりも早く消費してしまうということも不安の要因となっていますね。

なるべく買いだめはしないようにとアナウンスされていますが、購入制限があるので、買いだめのしようがありません・・・

とにかくこの品薄状態が解消し、早く普通の状態に戻ってくれることを祈るのみです。

品薄が解消するのはいつ?

トイレットペーパーの品薄状態が続いている原因は分かりましたが、いつその状態が解消されるのでしょうか。

心理的な問題は仕方がないとして、物流の問題に関しては、地域差も大きいのではないでしょうか。

そしてそこに住んでいる人口や人口密度によっても変わってきますよね。

札幌市内だけでもこれだけ状況が異なるので、さらに人口の密集した都市などでは、さらに品薄の状態が続くのではないでしょうか。

逆に都会の方が物流が安定しているのかもしれません。

専門家によれば、品薄の完全な解消は、4月頃までは続くそうです。

まだ3月の上旬なので、あと1ヵ月はこの状態が続くのですね。

とはいえ、それは物流が完全に回復した場合であって、これからさらに新型コロナウイルスの感染が拡大すると、状況は悪化するのではないでしょうか。

特に物流の最前線で働く人は、様々な場所に行くことで、感染のリスクも必然的に高くなるような気もします。

そして、物流業界で感染が広がり、物流がストップする可能性も否めません。

それを考えると、4月頃の品薄解消は完全に不可能となってしまいます。

不安をあおるわけではありませんが、新型コロナウイルスの感染拡大がある程度終息するまでの期間を考え、トイレットペーパーを備蓄しておく必要もありそうですね。

新型コロナウイルスの感染のピークが訪れるのは、4月から5月頃だと言われています。

それが徐々に落ち着いてくるのが7月頃だという意見もあれば、秋までずれこむ可能性も指摘されていますよね。

本当に先が見えない状況なので、個人で備蓄できるものはなるべく備蓄しておいた方が良いと思います。

Sponsored Link

おわりに

今回の新型コロナウイルスの影響として、様々なものが品薄になっているということです。

特にマスクと消毒液類は、今ではほとんど購入することが出来ません。

新型コロナウイルスが騒がれる前に、いち早く察知した人が、ある程度の備蓄に成功しました。

今後も何が品薄、品切れになるのかを想定し、備蓄しておいた方が良さそうですね。

トイレットペーパーに関しては、全くの無防備だったので、今さらながら反省しています。

そして、この状況においては、正直者がバカを見るということも感じさせられました。

素直に外出を控え、買いだめをしておかないと、本当に必要になった場合に非常に困ります

常にアンテナを張り巡らせ、次に何が起こるのかも考えておいた方が良いのではないでしょうか。

最悪の場合は、外出禁止令が発動されることも頭に入れておく必要があります。

本当の戦いは、まだまだこれからだと思うので、その時のために万全の態勢を整えておきましょう。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました!

オススメ記事マスクの配布先が決定!北海道の札幌はいつ?全国の自治体にも届くの?
オススメ記事北海道の鈴木直道知事がコロナで緊急事態宣言!その内容や影響を紹介
オススメ記事北海道の地震や災害による停電などの可能性に対する備えを解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください