現金給付が牛肉の商品券配布に変わったの?最終決定するのはいつ?

日本でも新型コロナウイルスの感染拡大が勢いを増してきました。

そして、経済状態も刻一刻と悪化し、日々の生活に苦しむ人々が着実に増えています。

しかし、政府が検討している緊急経済対策の具体的な内容が、いまだに決まっていません。

ニュースでは、様々な案が検討されていると報道されていますが、驚くべき内容のものも多々見受けます。

そして最近では、牛肉の商品券を配布することが検討されているとの内容がありました。

現金給付の話は無くなってしまったのでしょうか?

そこで今回は、現金給付や商品券配布について調べていきたいと思います。

Sponsored Link

現金給付は無くなったの?

緊急経済対策については、色々と検討されているようですが、すでに1ヵ月余りが経過しようとしています。

当初は、リーマンショックの際に定額給付金として配布された、1万2千円を軸に話が進んでいるようでした。

その後は、さすがにその額では意味が無いということで、最低でも5万円~10万円の給付金を検討しているという報道もありました。

政府自民党内にも様々な意見があるため、なかなか話が進まないようですね。

そして最近では、1世帯当たり20万円~30万円の給付金を配布する案も浮上しているようです。

1世帯当たり20万円~30万円もの給付金があれば、一部は貯蓄するにしても、必ず何かは購入するのではないでしょうか。

そして何よりも、この抑うつとした雰囲気を変えることが出来ると思います。

感染リスクが低くなれば、外食や旅行にも行きたいですよね。

そんなことを気にすることなく、積極的に外出している人も多いのですが・・・

それはさておき、ある程度のまとまった金額の給付金であれば、その効果は絶対にあるはずです。

ちなみにアメリカでは、大人一人につき$1,000、子供1人につき$500なので、夫婦と子供2人の4人家族では、日本円で約33万円の給付を行うそうです。

その他にも各種補償も盛り込まれているので、それこそが本当の緊急経済対策ですよね。

参考記事コロナウィルスの給付金はいつ?現金でいくらもらえるのか調査!

スピーディーかつ大胆な政策については、安倍首相も口にしていますが、現状では全く機能しているように見えません・・・

Sponsored Link

牛肉の商品券の配布

これまでに、旅行券や飲食券の配布を検討しているということが伝えられました。

しかし、外出を控えるように指示している政府の発言と矛盾することに、多くの非難が集まりましたね。

確かに旅行券や飲食券の配布は、経済に直接、好影響をもたらすと思います。

さらには、精神的にも充実することが出来ますよね。

参考記事GWはコロナウィルスの影響で国内旅行や海外旅行をキャンセルか!?

ただし、今じゃないでしょ・・・

新型コロナウイルスの感染拡大がある程度収束してきてからの政策だと思います。

一応、そのことも考慮しているようですが、収束してきた頃には政府も忘れているのでしょうね。

そして驚くべき構想が、また出てきました。

なんと、牛肉に限定した商品券の発行も検討されているようです。

しかも、配布対象は子供のいる家庭で、1家族当たり400グラム程度とのこと。

畜産農家の方々には恩恵があると思いますが、その発想があまりにも小さすぎます。

もちろんその構想にも非難が殺到することになりますが、非難されることすら考えていなかったのでしょうか。

一刻の猶予も許さないこの状況で、いまだにそのようなくだらない議論が繰り広げられているということを考えると、日本国自体の危機を感じます。

というか、本当にそんなことを真剣に話し合っているのかと、疑いたくもなりますよね。

繰り返しになってしまいますが、アメリカの規模と比べると、本当に情けなくなってしまいます・・・

緊急経済対策が決定するのはいつ?

緊急経済対策の現金給付については、いまだに検討検討、という文字が並んでいる状態です。

しかもここにきて、全国民一律という文字が外されようとしています。

対象を生活困窮世帯に限定する可能性もあるということです。

何をもって、生活困窮世帯と位置付けるのでしょうか。

線引きをすることによって、さらに多くの手間がかかることは必至ですよね。

しかも、自己申告制にすることも検討されているようです。

もしそれを実行したとすると、絶対に大混乱を招くのではないでしょうか。

その分、実際に給付される時期も遅くなるはずです。

一応自民党は、3月27日に緊急経済対策案を集約し、3月30日には政府への提言をまとめるとしています。

そして、補正予算案をゴールデンウィーク前に成立させ、「すみやか」に実施する方針なのだそうです。

全くもって、「すみやか」ではありません。

結局は、本当に実施されるのは、6月も過ぎてしまうのではないでしょうか・・・

もしかすると、7月に入る可能性も大いにありますよね。

再三ではありますが、アメリカでは4月と5月の2度にわたって給付すると発表しています。

このスピード間の違いは何なのでしょうかね。

Sponsored Link

おわりに

このような非常事態に、政府自民党が大混乱するのも分かります。

しかし、安倍首相の言葉とは裏腹に、あまりにもその対応は遅すぎますよね。

東京オリンピックのこともあったので、緊急経済対策に集中できなかったのかもしれません。

とはいえ、自民党内には有能な議員も少なからずいると思います。

一般庶民の目線にしっかりと立ち、なおかつ、経済のことも熟知している議員に任せても良かったのではないでしょうか。

今の自民党のトップは、世襲議員ばかりで、一般庶民のことを理解できる人材は皆無だと思います。

そして、日本国民のことを本当に真剣に考えているとも思えません。

決して政権を批判するつもりは無いのですが、このような非常事態には、与野党関係なく、国難に臨んでもらいたいと思います。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました!

オススメ記事緊急事態宣言が解除された北海道の現状を紹介!再度の発令の可能性は?
オススメ記事東京オリンピックの延期決定!経済損失や様々な影響などを調査
オススメ記事北海道の鈴木直道知事がコロナで緊急事態宣言!その内容や影響を紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください