日本医師会が出した医療危機的状況宣言とは?緊急事態宣言を促す!

世界で猛威を振るっている新型コロナウイルス。

日本でもその感染者数が増加の一途をたどっています。

そのため、日本における医療崩壊の危機も懸念されてきました。

しかし、安倍首相は一向に緊急事態宣言を出そうとしていません。

そんな安倍首相の対応に、業を煮やした日本医師会が、独自に医療危機状況宣言を出しましたね。

そこで今回は、医療危機状況宣言とは何か、また、それに伴って緊急事態宣言が出されるのかについて調べていきたいと思います。

医療危機状況宣言とは?

日本での新型コロナウイルスの感染が着実に拡大し、新規の感染者数が増加しています。

そのため、日本全国の感染症病床が満床になりつつあります。

このことに強い危機感を抱いた日本医師会は、安倍首相に対して、緊急事態宣言を出すように再三にわたりお願いをしていました。

ところが安倍首相や政府は、その言葉を真摯に受け止めず、日本医師会の中のごく少数の個人的な意見としてお茶を濁す始末です。

そのような態度に、強い憤りを感じた日本医師会が、独自に医療危機状況宣言を出すことになりました。

日本医師会には、緊迫した医療現場からの声が、連日のように伝わっているはずです。

その緊迫した医療現場の危機感もあっての決断だったのでしょうね。

安倍首相に何を言っても伝わらないので、国民に対して直接、強い危機感を持つように出したのが、医療危機状況宣言だったのです。

国民みずからが、自身の健康管理や感染拡大を防止するための対策、そして、適切な受診を心掛けるように訴えました。

すでに小規模な感染爆発は頻発しており、大規模な感染爆発も時間の問題となっている状況です。

安倍首相は、大規模な感染爆発が起こった場合に、緊急事態宣言を出すと表明していました。

しかし、そのような状況になってからでは遅いということは、医療現場で頑張っているスタッフはもとより、一般の国民でも分かりますよね。

安倍首相はそのことを理解した上で、あえて緊急事態宣言を出さないのでしょうか。

ということで、日本医師会は大規模な感染爆発が起こる前に、直接国民に訴えたのが医療危機状況宣言だったのです。

Sponsored Link

安倍首相の対応について

安倍首相に対して、緊急事態宣言を出すように促しているのは、日本医師会だけではありません。

全国の自治体の首長からも、その声があがり始めています。

特に、新規の感染者数が著しく増加している小池都知事も、その危機感を強く抱いているのではないでしょうか。

それが、東京の都市封鎖(ロックダウン)という言葉につながったのだと思います。

参考記事東京の都市封鎖(ロックダウン)はいつから?期間などはどうなる?

しかし中には、都市封鎖(ロックダウン)という言葉を安易に使用するべきではないという批判的な意見もありました。

それによって、国民に大きな不安を与え、パニックを起こすことになるということですが、医療崩壊が始まってからでは遅いのです。

国民に対して不安をあおるなという意見は、当事者ではないから言えることなのでしょうね。

日々増加してくる感染者の数字を見れば、一目瞭然だと思うのですが・・・

上から目線で小池都知事を批判することは、日本国民をバカにした態度だとも感じてしまいました。

それに関しては、安倍首相に対しても言えるのではないでしょうか。

専門家会議でも、感染爆発の危険性が指摘されていますが、安倍首相は「ギリギリ持ちこたえている」と緊急事態宣言を出そうとはしません。

何をもってギリギリなのかを、具体的に説明して欲しいですよね。

ギリギリの状態で頑張っているのは、ほかならぬ医療現場だと思うのですが。

そんな医療現場を想像する理解力に欠けているのでしょうか・・・

さらには、いまもって、意義のある緊急経済対策すら実施されていません。

国民には我慢することを強要し、具体的な対策を出さない安倍首相の態度こそが、国民をバカにしているのだとしか思えません。

緊急事態宣言は出るの?

日本医師会が出した医療危機状況宣言という強いメッセージによって、安倍首相は緊急事態宣言を出すことになるのでしょうか。

安倍首相にとっては、日本医師会のこの行動によって、逆に意固地になっている可能性もありますよね。

とはいえ、国民に対しては大きな警鐘となったことは確かで、国民の間でも緊急事態宣言を必要とする声が日増しに増えています。

その声は、東京都民だけではなく、全国にも広がっており、東京から感染が拡大することを非常に恐れているためです。

現に、東京にいた学生が、帰省先で感染が確認するケースが増えてきました。

それを受けて、各自治体でも、東京との往来を自粛するように要請しています。

しかし、それには強い強制力はなく、今のところはザルのような状態ですよね。

そのようなこともあり、安倍首相には緊急事態宣言を出してもらい、東京都の都市封鎖(ロックダウン)を要望しています。

それによって、東京からの人の動きを、かなり少なく抑えることが可能となりますよね。

とはいえ、逆に懸念されているのが、東京都の都市封鎖(ロックダウン)が決まると、それが実施する前に、都民が一斉に東京から逃げ出してしまうことです。

それを踏まえて、東京都の都市封鎖(ロックダウン)を実施するのと同時に、その直前の人の動きも押さえ込む措置も必要なのではないでしょうか。

北海道民にとっては、飛行機を運休してもらうことが手っ取り早い方法だとは思うのですが、さすがにそこまでは無理ですかね・・・

緊急事態宣言に関しては、ゴールデンウィークまで引っ張るのではないかとの噂もあります。

必然的に緊急事態宣言を出さざるをえない状況に陥る前に、安倍首相には決断してもらいたいと思います。

Sponsored Link

オリンピックを開催できるの?

安倍首相や政府の対応に落胆した国民の多くが、自分たちの身は自分たちで守らなければならないと、強い危機感を抱くようになりました。

結果的には、国民が自主的に新型コロナウィルスと対峙しようとしています。

しかしながら、国民一人一人がいくら頑張ったとしても限界がありますよね。

政府与党内には、そうした国民の目線に立つことのできる政治家がおり、今現在でも奮闘してくれています。

そのような国民の意見をくみ取ってくれる、政府与党内の政治家に期待するしかありません。

さらに言えば、来年の東京オリンピックの日程を決めている場合ではないですよね。

参考記事東京オリンピックの延期日程が決定!マラソンと競歩は札幌で開催!

その前に、しっかりとした感染対策や経済対策を行わないと、オリンピックを開催することすら不可能な状態に陥っている可能性もあります。

なぜオリンピックのことに関しては、着々と話が進んでいるのでしょうか・・・

小池都知事は選手村を感染者の収容施設として使用する案を出しました。

ところが、なんやかんやと理由を付けて、その案を封じ込めようとしています。

政府の対応は完全に優先順位が異なっており、国民には明るい未来が見えてきません。

せめて、来年の東京オリンピックを、希望の道しるべとして、全ての問題をしっかりとクリアした上で、開催してもらいたいと思います。

Sponsored Link

おわりに

医療危機状況宣言によって、新型コロナウイルスに対する危機感は、一気に増すことになりました。

しかし、それが安倍首相には伝わっていないようです。

与党自民党内からも、様々な意義のある案が提出されているようですが、自民党の執行部によって、それらの案を握りつぶされている可能性があることが分かってきました。

自民党内でも収拾のつかない状況に陥っているのかもしれません。

緊急事態宣言に関しては、出してもらう方が良いとは思うのですが、それ以前に安倍首相には、もっと危機意識を高めてもらいたいですよね。

会見からは、あまりその危機意識が伝わってきません。

それによって、説得力も大きく欠如しているように感じます。

北海道の鈴木直道知事が、緊急事態宣言を出した時のような、本気度を見せてもらいたいですよね。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました!

オススメ記事緊急事態宣言が出たらどうなる?仕事や学校は?買い物は出来るの?
オススメ記事北海道の鈴木直道知事がコロナで緊急事態宣言!その内容や影響を紹介
オススメ記事GWはコロナウィルスの影響で国内旅行や海外旅行をキャンセルか!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください