モリマンのモリ夫が札幌すすきのでスナックのママとの噂を調査

女性お笑いコンビ「モリマン」のモリ夫さん。

女性汚れ芸人の第一人者として一世を風靡していました。

しかしいつの間にか、あまりテレビで見かけることが少なくなってきましたよね。

実はモリ夫さんは、故郷の北海道に戻っていたのです。

そして今は、札幌のすすきのでスナックのママをしているとか。

今回はそんなモリ夫さんの経歴や経緯について調べていきたいと思います。

それでは早速、見ていきましょう!

モリマンのモリ夫の経歴は?

まずは簡単にモリ夫さんのプロフィールから紹介しますね。

モリ夫さんの正しい芸名は「ホルスタイン・モリ夫」さんとおっしゃいます。

本名は坂上 華奈(さかがみ かな)さん。

芸名からは想像も出来ないような可愛らしいお名前ですよね。

1973年3月31日生まれなので、2019年の誕生日で46歳になりました。

完全に同世代の私にとっては勝手に親近感が湧いてきます。

身長は161㎝で体重は85㎏前後ということですが、テレビで見る迫力から考えると、もっと大柄なイメージがありました。

血液型はO型ということなので、おおらかで優しい気持ちの持ち主なのでしょうね。

北海道北広島市の出身で、北海道北広島西高等学校を卒業後、短大では美術を専攻していました。

その後、相方の種馬マンと「モリマン」を結成し、1994年に吉本興業からデビューすることになります。

そして当時としては珍しい、女性芸人で体を張った汚れ芸で注目を集めることになりました。

そして、今までは男性芸人が引き受けていた汚れ芸という辛い仕事を、モリ夫さんが一手に引き受けることになります。

そのうちにモリ夫さんに対する扱い方がエスカレートしていき、打ち上げの場でも、女性に対してとは考えられないような仕打ちを受けるようになりました。

東京で芸人として生き残るために、歯を食いしばりながら頑張ってきましたが、その姿を見透かすかのように、ある日、母親からの留守電が入っているのに気が付きます。

留守電には「お母さん、病気になりそう・・・」というメッセージが残されていました。

可愛い娘がテレビで受けているヒドイ仕打ちに耐えきれなくなった、母親からの悲痛な叫びだったのです。

母親にも心配をかけていたモリ夫さんは心を痛め、北海道に戻ることを決意しました。

そして北海道に戻り、札幌よしもとに籍を移して、芸人を続けながら、今後の人生について模索するようになります。

モリマンのモリ夫がスナックのママへ

札幌に戻ってからは悶々とした生活を送っていましたが、東京でお世話になった光浦靖子さんに海外旅行をプレゼントしようと考えていました。

そのためには旅費を稼がなければならず、何か良い方法はないかと考えます。

そこで頭に浮かんできたのが、大人の遊び場であるスナックを自分でやってみようということだったのです。

そして2014年3月14日ににモリ夫さんは、札幌のすすきのに「スナック糸」をオープンしました。

スナックは予想以上に繁盛し、多忙を極めるようになります。

結局は、旅行に行く時間的な余裕が無くなってしまったそうです。

ちなみに、「スナック糸」では、モリ夫さんは本名の華奈ママとしてお店を切り盛りしています。

同時に若手芸人の育成にも積極的に取り組んでいました。

「スナック糸」でバイトする後輩芸人たちには、

芸人であることを捨てて働くこと

勤務中には絶対に自分のネタを披露してはいけない

という教えを徹底していました。

礼儀や感謝の気持ちなど、人としての大切な部分を身に付けて欲しいということだったのです。

モリ夫さんが経営しているスナックなので、てっきりお笑いパブのようなイメージなのだと思っていました。

そして、若手芸人たちにお笑いを叩き込んでいるのかと思いきや、もっと深い考えを持っていたのですね。

そのモリ夫さんの考え方は、お客さんにも伝わり、真摯な姿勢で働く若手芸人の姿を見て、さらに興味を抱いてくれることになったそうです。

興味を持ったお客さんは、それをきっかけに若手芸人たちのお笑いライブにも足を運ぶようになりました。

モリ夫さんの意図していなかった好循環が生まれたわけですが、結果としては、モリ夫さんの信念が間違っていなかったということですよね。

Sponsored Link

スナック糸の詳細は?

スナック糸はすすきののど真ん中にあります。

住所:札幌市中央区南6条西3丁目ニュー公楽ビル2F

TEL:011-511-9633

営業時間:21:00~不定

定休日:不定休(Twitter@snack_itoで確認してください)

座席数:カウンター9席

昭和をモチーフにした店内の装飾は、モリ夫さんのセンスがいたる所に施されています。

さすが、短大で美術を専攻していただけのことはありますよね。

そして、あの芸風からは想像も出来ないような、繊細な心づかいを感じさせられます。

ちなみに店名の「スナック糸」は、大好きなおばあちゃんの名前「イト」と、中島みゆきさんの名曲「」から名付けたそうです。

本当に、いたるところで、モリ夫さんの愛に深さを感じますよね。

さらに、「スナック糸」では、様々なイベントが催されているそうなので、そちらの方もお見逃しなく!

Sponsored Link

おわりに

テレビでもたまに特番などで見かけるモリ夫さん。

もっとたくさんテレビで活躍してもらいたい気もしますが、今ではすすきので安住のスナックを経営されていました。

自分が自分らしく生きるための環境を、みずからの力で築いてきたエネルギーは凄いと思います。

しかしその陰には、つらい経験を耐え抜いてきたからこその、最終的なゴールを見つけ出せたのかもしれませんね。

若手に対する教育方針に関しても、自分の経験を生かし、しっかりとした愛を持って、生み出されたものなのでしょう。

モリ夫さんのエネルギーや愛を感じるために、是非とも「スナック糸」には足を運んでみたいと思います。

会員制というところが気になりますが、口コミなどを見ていると、お店が混んでいなければ普通に入れるそうです。

とはいえ、連日大盛況だと思うので、一見さんには厳しいのかもしれませんね。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました!

オススメ記事ノブコブ徳井健太は北海道出身?嫁や子供とのサイコな現在を検証
オススメ記事加藤浩次(北海道出身)の若い頃がイケメン!嫁との馴れ初めも紹介
オススメ記事トムブラウン(北海道出身芸人)布川とみちおの合体ネタが斬新!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください