高梨沙羅がかわいい!結婚したいから化粧を?経歴や成績も紹介

今や世界のスキージャンプ界で活躍する高梨沙羅選手。

若い頃から活躍し、そのあどけなくてかわいい姿が記憶に残っていますよね。

ところが今では化粧を覚え、すっかりと大人の女性へと変貌を遂げています。

まだ早いとは思いますが、結婚も意識しているのでしょうか。

今回はそんな高梨沙羅選手の経歴や成績についても紹介していきたいと思います。

それでは早速、見ていきましょう!

Sponsored Link

高梨沙羅選手の経歴や学力が凄い!

まずは簡単に高梨沙羅選手のプロフィールから紹介しますね。

高梨 沙羅(たかなし さら)選手は1996年10月8日生まれなので、2019年の誕生日で23歳になりました。

昔から応援していたのですが、あっという間に23歳になっていたのですね。

出身地は、スキージャンプが盛んな、北海道上川郡上川町です。

実家はコンビニエンスストアや焼肉屋などを経営しているそうなので、結構裕福な環境で育てられたのですね。

身長は152㎝と日本人の中でも小柄ですが、外国人選手に囲まれると、本当に小さくて逆に目立ちます。

小さな体格ながらも、世界で活躍していることが、本当に凄いことですよね。

そんな高梨沙羅選手ですが、4歳の頃からクラッシックバレエを8年間も習っていました。

その際に得た体の柔軟性などが、スキージャンプにも非常に役立っているそうです。

そして小学校2年生の頃よりスキージャンプを始めており、徐々に本格的にのめり込んでいくようになりました。

しかし、高梨沙羅選手の凄いところは、スキージャンプだけではなかったのです。

小中学校は地元上川町の公立学校を卒業しました。

ところが高校からは、旭川市にある「グレースマウンテン・インターナショナルスクール」に進学することになります。

高校進学の際に高梨沙羅選手は

勉強を短期間で集中的に行って、大学受験の資格を取ること

今後、国際舞台で活躍するために、英語を習得すること

という明確な目標を立てており、あくまでもスキージャンプを中心にした今後の人生設計を考えていたのです。

そして高校に進学した高梨沙羅選手は、1日11時間という猛勉強の末、その4か月後には大学受験の資格を取得してしまいました。

普通は高校の三年間をかけて習得する学習内容を、高梨沙羅選手はたった4ヶ月で終えてしまったというわけです。

とてつもない集中力と地頭の良さを持っていたのですね。

その結果、有言実行通りにスキージャンプに集中できる環境を整えました。

驚くべきことに、高梨沙羅選手はそれだけではなく、大学にも17歳で飛び級入学することになります。

大学もスキージャンプに集中できる、環境の整った「日本体育大学」に進学しました。

そして、スキージャンプで海外遠征などで忙しくしつつも、単位をしっかりと取得し、4年でキッチリと大学を卒業しています。

世界で活躍するスポーツ選手は、頭脳明晰な人が多いのですが、高梨沙羅選手は、その中でも飛び抜けているのではないでしょうか。

仮に勉強一筋で頑張っていれば、今ごろは超難関大学の博士号を取得していたのかもしれません。

Sponsored Link

高梨沙羅選手の成績は?

高梨沙羅選手の国際舞台での活躍は、2009年3月に蔵王で行われた「スキージャンプ・コンチネンタルカップ」に12歳の時に出場したことから始まります。

その時の結果は19位に終わりましたが、1年後に行われた同大会では3位となり、人生で初入賞を成し遂げました。

そして、高梨沙羅選手の名前が世界中に知れ渡ることになったのが、2011年2月19日に行われた「コンチネンタルカップ」で女子選手史上最年少となる、13歳での初優勝だったのです。

それだけでも本当に凄いことなのですが、翌日に行われた大会でも優勝し、スキージャンプ界の新星として世界中を驚かせることになりました。

それを皮切りに、次々と優勝記録を伸ばしていくことになります。

その勢いは、誰にも止められないという空気が占めつつ、2014年のソチオリンピックに臨むことになりました。

オリンピック直前の大会でも絶好調の高梨沙羅選手は、金メダル間違いなしと言われていました。

とことが、大会当日の風に高梨沙羅選手は大苦戦を強いられることになります。

結果は、金メダルどころか表彰台にも高梨沙羅選手の姿はありませんでした。

しかし17歳の高梨沙羅選手は不利な風を言い訳にせず、「自分の実力が足りなかった」とコメントを残し、その精神力の強さを見せつけることになります。

そして、次のオリンピックでは必ずメダルの獲得を誓うことになります。

その後も高梨沙羅選手は世界の大舞台で活躍し続け、2018年の平昌オリンピックに臨み、見事に銅メダルを獲得しました。

しかし、オリンピックや世界選手権などの大きな大会では、個人優勝をすることが出来なくて悩むことになります。

世界中の数々の大会では、個人優勝をすることができる実力を持っているがゆえに、自分の中でも答えが見つからないのでしょうね。

そしてその向上心の高さにも驚かされます。

このまま悩みつつも、様々な問題を少しずつ克服しながら、次のオリンピックでは金メダルを獲得してもらいたいですよね。

Sponsored Link

高梨沙羅選手の化粧と結婚は関係あるの?

実は子供の頃には結婚願望を持っていた高梨沙羅選手。

しかし、スキージャンプ一色の生活が始まり、いつしかその願望も消えていきました。

2014年のソチオリンピックで表彰台を逃した時の悔しさはとてつもなく、その当時は「結婚したいとも思わない」と、スキージャンプに対する更なる意気込みを語っていました。

そして、少なくともあと2回はオリンピックに出場するという決意を露わにしていました。

とはいえその時はまだ17歳で、化粧もしておらず、大人になった現在では、心境の変化もあったはずです。

化粧を覚えた高梨沙羅選手は、20歳を前後にあどけなさの残ったかわいい感じからのかなりの変貌ぶりに、周囲は戸惑いを隠せませんでした。

それと同時に、様々な噂が飛び交うようになります。

彼氏が出来たのではないか?

練習時間が少なくなったり、集中力が途切れているのではないか?

このまま成績不振に陥ってしまうのではないか?

そのような心配をよそに、高梨沙羅選手は、連勝を積み上げていきました。

今シーズンも絶好調で、10月26日に行われた全日本選手権では、2位以下に大差をつけた、ぶっりぎりの優勝を飾っています。

そして、「そろそろ結婚を意識しているのではないか?」という意見に関しても、その活躍で一蹴される形になったのではないでしょうか。

高梨沙羅選手の中では、2022年に開催される北京冬期オリンピックへ、完全に標準を合わせているのでしょうね。

その時の高梨沙羅選手の年齢は、それでもまだ25歳なので、そこで金メダルを獲得し、結婚の準備を始めても遅くありません。

とはいえ、高梨沙羅選手は結婚したとしても、スキージャンプは引退はしないでしょう。

2030年の冬季オリンピックには、札幌市が立候補しているので、出来ればそこまで頑張ってもらいたいと思います。

↓キレイになった高梨沙羅、20歳のサプライズバースデーにびっくり!

おわりに

高梨沙羅選手の勢いは止まることがありません。

化粧に関しては、あくまでも自分の気持ちを鼓舞するための、一つの手段でしかありませんでした。

化粧の楽しさに目覚めた高梨沙羅選手の見た目は変化していきますが、心の中は昔と変わらず、ずっとスキージャンプのことで満たされているのでしょうね。

色々と噂されるということは、それだけ有名になったということです。

北海道出身で世界的に活躍する選手として、今後も頑張ってもらいたいと思います。

そして、次のオリンピックでは、必ず金メダルを獲得してくれることを願っております。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました!

オススメ記事大坂なおみが札幌市民?母の実家と日本国籍取得にも関係あるの?
オススメ記事リーチマイケルの出身校は?北海道の札幌が第2の故郷の理由を紹介
オススメ記事山﨑愛生(北海道出身)は得意の英語でモー娘に!目が可愛いと評判!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください