回転寿司なごやか亭|こぼれいくらが大人気!ネタの魅力も紹介!

北海道釧路市に本社をかまえる「(株)三ツ星レストランシステム」が運営する回転寿司のなごやか亭

産地直送にこだわる新鮮かつ豪快なネタでお客さんを満足させてくれます。

札幌市内に10店舗以上を展開し、関西にも進出するほどの人気店となっています。

そこで今回は回転寿司なごやか亭のイオン発寒店について紹介していきますね!

Sponsored Link

回転寿司なごやか亭のイオン発寒店はどこにあるの?

住所:〒063-0828 北海道札幌市西区発寒8条12丁目1-1 イオンモール札幌発寒1F

電話番号:011-671-5533

営業時間:11:00~22:00

定休日:イオン発寒店に準ずる

座席数:60席

駐車場:イオン発寒店駐車場

アクセス:JR発寒駅より徒歩10分

なごやか亭イオン発寒店には車で訪れる人の方が多いのではないでしょうか。

イオン発寒店の駐車スペースは非常に広いため、駐車できないという心配はほとんどありません。

しかもありがたいことに、駐車時間の制限が特に設けられていないため、イオン発寒店の営業時間内であれば、ずっと駐車することも可能です。

我々家族もなごやか亭イオン発寒店に訪れる際は、食事のあとに色々とショッピングやゲームコーナーなどで時間を費やしますが、駐車時間の心配が無いというところが大きいですね。

そして今回もいつものように、なごやか亭イオン発寒店には開店の20分前を目安に車で出発しました。

混み具合はその日によって違いますが、20分前に到着すれば、1巡目で入店することができます。

たまに早く到着してしまい、先頭になることもあり、少し恥ずかしいので時間を潰し並ぶこともあります・・・

そして待ち時間もイオンの店舗内なので、真冬でも寒さに凍えることはありません。

上述したように色々な面でも、なごやか亭イオン発寒店を選択する理由が多くあります。

とはいえ、回転寿司のクオリティの高さがあってのことなのですが。

ということで、クオリティの高い、なごやか亭イオン発寒店のネタについて紹介していきますね。

Sponsored Link

回転寿司なごやか亭の独自ネタは?

なごやか亭といえば、こぼれシリーズをはじめとする、各種三貫盛などの豪快なイメージです。

その代表格となるのが「こぼれいくら」ですね!

ちなみに「こぼれいくら」は実演あり実演なしを選択することができ、実演ありの場合は、店内スタッフ一同で音頭を取りながら盛り上げてくれます。

他のお客さんからも注目が集まり、初めてお願いした時は結構恥ずかしかったです。

ひっそりと注文したいときは「実演なし」にすることをオススメしますが、一度は「実演あり」で注文してみてはいかがでしょうか。

また、「実演あり」の場合の方が、スタッフの勢いと他のお客さんの注目度もあり、いくらの量が確実に多いですよ!

観光客はその物珍しい演出に3回も注文していましたが、食べきれたのでしょうか・・・

そして「こぼれ甘エビ」です。

妻が甘エビ好きなので注文し、少し行儀が悪いのですが、1尾ずつ数を数えながら食べていました。

1尾2尾と数えていくと・・・全部で18尾!

ちなみに「こぼれ甘エビ」は1皿で420円なので、普通に甘エビを注文するよりもかなりお得です。

それにしても贅沢すぎますよね。

そして各種三貫盛です!

こちらは「まぐろづくし」です。

おそらく店内でも一番人気なのではないでしょうか。

私のイチオシは「サーモン3点盛」なので、この記事の表紙にしてみました。

こちらは「人気のTOP3づくし」だったかな?

三貫盛はお得なのですが、何貫食べたのか分からなくなり、ついつい食べ過ぎてしまいます。

回転寿司なごやか亭イオン発寒店の動画

YouTubeチャンネル⇒「From Hokkaido channel」のチャンネル登録の方も宜しくお願い致します!

回転寿司なごやか亭のほかのネタは?

回転寿司なので、季節によってオススメのネタが変わります。

季節限定の筆頭である「まだちの軍艦巻」ですね!

私はこれが食べられるか食べられないかで、かなりテンションが変わります。

だからこそ、季節限定というのが、より一層ありがたく感じるのでしょうね。

そしてもう一つのお気に入りの季節限定ネタは「しまあじ」です。

初めて食べた時は、お口の中に広がる甘みと、脂身に衝撃を受けました。

あまりにも美味しすぎて、追加注文です。

あとは「さんま」ですね。

今年は不良で高騰しているということですが、今後も高級魚になる可能性があるらしいですね。

続いては、「わら焼きかつお」です。

こちらも季節限定なのでしょうか。

そして、贅沢の極みである「うにといくらの軍艦巻」ですね。

毎回注文するネタではありませんが、そんな贅沢な組み合わせもあるのだなと感心させられました。

最後はド定番ネタの「サーモン」ですね。

北海道の回転寿司に出会った当初は「サーモン」ばかり食べていました。

「サーモン」もその脂身が口の中いっぱいに広がり、とろけてしまいます。

今でも「サーモン」は外せない一品となっています。

あとは汁物の紹介です。

こちらは「わかめのお味噌汁」ですね。

ない時もあるので季節限定なのでしょうか?

ない時は「ふのりのお味噌汁」を注文します。

こちらは限定の「白蛤のお味噌汁」です。

とにかくその大きさの迫力に驚かされました。

もちろん、白蛤の味がしっかりとみそ汁に溶け込んでいておいしかったです。

ほかにも様々な新鮮なネタがありますが、定番のネタから季節限定のネタまで本当に幅広く提供しています。

「なごやか亭」にお越しの際は、少しでも参考にしてくださいね!

おわりに

「なごやか亭」は本当に混んでいるので、あさイチで並ぶことをオススメします。

以前、中途半端な時間に「なごやか亭」に行ったのですが、かなりの待ち時間が必要ということで、近隣にある「発寒店」と「八軒店」をはしごしたことがあります。

その時には、ほかの選択肢が頭にはなく、どうしても「なごやか亭」ということで頭がいっぱいだったのでしょうね。

そこまで脳に浸透している「なごやか亭」の凄さに驚きですが、はしごを付き合ってくれた妻にも感謝です・・・

そして、イオン発寒店に行く時は必ず、「なごやか亭」という選択を譲ってくれることにも感謝していますよ!

大好物の「なごやか亭」を堪能し、そのあとはゆっくりとショッピングやゲームセンターを楽しむ。

そして今度は、妻のコーヒータイムに付き合うということができるのが、イオン発寒店の魅力でもあります。

ということで、立地的にも「なごやか亭イオン発寒店」は本当にありがたいと思います。

ほかのショッピングモールにも、別の回転寿司屋さんが入っているところもあり、足を運んだこともあるのですが、なごやか亭とイオン発寒店の組み合わせにはかないませんでした。

よろしければ、是非とも足を運んでみてくださいね。

オススメ記事回転寿司 魚一心 小樽店|メニューが豊富で値段や味も大満足!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください