羅妃焚 イオン札幌桑園店|クセのない優しいラーメンの味を堪能!

こんにちは、ダイチです!

ラーメン専家 羅妃焚(らぴた)」イオン札幌桑園店に行ってきました。

羅妃焚は、江別・岩見沢・留萌・帯広と道内の地方都市にも展開しているラーメン屋さんです。

札幌市内には3店舗(イオン札幌桑園店含む)と意外に少なく、名前は知っていましたが足を運ぶ機会がありませんでした。

ところが、いつも利用しているイオン札幌桑園店にオープンすることになり、ここぞとばかりに食べに行ってきました。

そこで今回は「ラーメン専家 羅妃焚(らぴた)」イオン桑園店について紹介していきますね!

Sponsored Link

羅妃焚・イオン札幌桑園店のアクセスや営業時間は?

住所:〒060-0008 北海道札幌市中央区北8条西14丁目28 イオン札幌桑園店1階

電話番号:011-796-3740

営業時間:11:00~22:00(ラストオーダー21:30)

定休日:イオン札幌桑園店に準ずる

駐車場:イオン札幌桑園店駐車場(3時間無料)

アクセス:JR桑園駅より徒歩1分

羅妃焚がオープンする前は「麺や 北の陽」という別のラーメン屋が営業していました。(ちなみにその前も別のラーメン屋が営業していました。)

我々家族もたびたび足を運んでおり、特に娘が「麺や 北の陽」の醤油ラーメンを好んで食べていたのです。

偏食気味の娘にとっては、数少ない外食できる場所として重宝していたのですが・・・

イオン札幌桑園店のテナントは、毎年どこかしらのお店が閉店します(テナント料が高いせいでしょうかね?)。

しかし、まさか「麺や 北の陽」が閉店するということは全く想像しておらず、閉店を知った時には家族全員が大ショック!

次はどんなお店がオープンするかが気になり、イオン札幌桑園店内で働く知り合いから事前に情報をゲットすることが出来ました。

そこで「羅妃焚」のことを知ったのですが、なぜかその店名には見覚えがありました。

以前、帯広に住んでいたことがあり、行ったことはなかったのですが、「羅妃焚・帯広店」があったことを思い出します。

帯広に住んでいた時には、その個性的な店構えと、「羅妃焚」という店名に抵抗を感じていました。

しかし、そこから「羅妃焚」の情報収集に乗り出すことになります。

調べてみると、ラーメンは普通に美味しそうでした。

そこからは、「羅妃焚」のオープンを心待ちにし、カウントダウンが始まります。

そしていよいよ、待ちに待った2019年3月21日を迎え、「羅妃焚」イオン札幌桑園店がオープン!

ところがしばらくの期間は長蛇の列が続き、家族で余裕をもって足を運べるような雰囲気ではありません・・・

徐々に落ち着いてきた頃合いを見計らっていざ突入です!

Sponsored Link

羅妃焚・イオン札幌桑園店のメニューは?

羅妃焚の混み具合がひと段落してきたとはいえ、日曜日や休日はオープン前から人が並んでいます。

その日は早めに家を出発し、羅妃焚・イオン札幌桑園店へ向かいました。

店の前には、椅子が並べられており、メニューもありました。

私は味噌ラーメン派なので一番人気の味噌ラーメンとチャーハンに決め、妻は濃厚担々麺、そして娘は醤油ラーメン。

注文からしばし待ってラーメンが順番に運ばれてきました。

まずは濃厚担々麺の登場です!

私は普段は担々麺を注文しないので、久々に食べた濃厚担々麺の味は絶品でした。

余計な味付けが無くシンプルな担々麺ですが、スープが麺に絡みつき、メチャクチャうまい!

家族で来ると別の味も楽しめるので、お得ですよね。

そして醤油ラーメンの登場です!

こちらも変にアレンジされていないため、非常に食べやすい味付けです。

娘もモリモリと美味しそうに食べていました。

いよいよ味噌ラーメンの登場です!

まずはスープをひとくち。

こちらも変なクセが無く、非常に口に優しいマイルドな味わい

そして麺もいただきます。

羅妃焚オリジナルの中太ちぢれ麵とスープとの相性も抜群でした。

口に広がるほのかな甘みも気に入りました。

とある口コミには「少し物足りない味」との声もありましたが、私は大満足です。

そしてチャーハンもシンプルで非常に美味しかったです。

おまけとして別日に行った時の野菜ラーメン味噌味です。

何度食べても美味しい味噌ラーメンでした。

ほかのメニューもチャレンジしたいので、また家族で行った時に注文してみようと思います。

一人で行くときは、どうしても味噌ラーメンになってしまうので・・・

Sponsored Link

羅妃焚・イオン札幌桑園店で感じたことは?

店内を外から眺めて感じたのは、オシャレなカフェのような雰囲気だということです。

店員さんのユニフォームも可愛らしく、ラーメン屋という感じではありません。

そして実際に店内に入ると、広々とした空間で、以前のラーメン屋とのギャップに驚きました。

いわゆるボックス席のような隔離されたスペースが無いため、逆に外からは完全に丸見えになっています。

ひとり食べが苦手な私にとっては、もう少し壁があっても良いのかなとも感じました。

そして、最近ではやっと慣れてきましたが、注文は入り口にある食券を購入しなければなりません。

画面がタッチパネルになっており、操作方法にやや難があります。

食券機の前で戸惑っているお客さんがいるため、お店に入るのに少し待つこともあります。

初めての方は、食券を間違わないように買うようにしてくださいね!

おわりに

「ラーメン専家 羅妃焚(らぴた)」イオン札幌桑園店の味付けは総じてシンプルで食べやすいと感じました。

総合的に以前あった「麺や 北の陽」のラーメンやチャーハンと比べると、私の個人的な好みは「羅妃焚」の方が好きです。

チャーハンに関しては、イオン札幌桑園店内でほかにも出しているお店がありますが、「羅妃焚」のチャーハンが一番おいしいと思います。

結果的には、イオン札幌桑園店に「羅妃焚」がオープンしてくれたことに我々家族は大満足でした!

新しいメニューを出したり、様々なサービスも行っており、お客さんが離れていかないように努力しています。

とりあえずは今後も末永く、イオン札幌桑園店に残ってもらいたいと思います。

オススメ記事らーめん山頭火 札幌宮の森店|とんこつしおらーめんがオススメ! 
オススメ記事ラーメン白熊(札幌市白石区)|地元民から愛される隠れた名店です!
オススメ記事らーめん山頭火 札幌宮の森店|とんこつしおらーめんがオススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください