サンドイッチ工房 サンドリア|札幌の山鼻にある老舗店の味を堪能したよ!

サンドイッチ工房 サンドリア」に行ってきました!

24時間営業で種類豊富なサンドイッチを、テイクアウトでいただける人気店です。

改装リニューアルしてからは、より一層お客さんが増えてきました。

創業30年以上の老若男女から愛される老舗のサンドイッチ専門店ですよ!

そこで今回は、「サンドイッチ工房 サンドリア」の店舗情報や実食体験などについて紹介していきたいと思います。

「サンドイッチ工房 サンドリア」の店舗情報

まずは簡単に、「サンドイッチ工房 サンドリア」の店舗情報から紹介しますね。

場所

○住所

〒064-0808 北海道札幌市中央区南八条西九丁目758-14(東屯田通)

○アクセス

・市電「山鼻9条駅」より徒歩約5分

・地下鉄南北線「中島公園駅」より徒歩約12分

○駐車場

あり(約5台分)

営業時間

24時間年中無休(※12/31~1/2は休み)

配達時間

8:00~19:00

お問い合わせ

011-512-5994

座席数

イートインスペースなし(テイクアウト専門)

ホームページ

サンドイッチ工房 サンドリア 公式サイト

オープン日

1978年8月1日

Sponsored Link

「サンドイッチ工房 サンドリア」のメニュー

サンドイッチ工房 サンドリア」のメニューの一部をご紹介しますね。

・てりたま:270円

・ダブルエッグ:230円

・クリームコロッケ:200円

・フルーツ:230円

・杏仁マンゴー:250円

・チョコミント:250円

・ジャム&ホイップ:240円

・だし巻きサンド:290円 (日曜10:00~数量限定)

以上のほかにも、期間限定商品や新作商品もありますよ!

「サンドイッチ工房 サンドリア」人気ランキング

ちなみに以下のメニューが「サンドイッチ工房 サンドリア」の人気ランキングとなっています。

みなさんのお好みのサンドイッチは何位に入っているでしょうか!

1位 ダブルエッグ

2位 エビマヨ

3位 フルーツ

4位 てりたま

5位 トンカツ

6位 タンドリーチキン

7位 明太ゴボウ

8位 塩ぶた

9位 やきそば

10位 イチゴジャム

おすすめ チキンカツ

個人的にはエ~?という商品も入っていますが、長い歴史の中で、人気ランキングの順位も大きく変動しているのでしょうね。

とはいえ、ダブルエッグの人気は不動なのですね~。

実食とおすすめ情報

今回私は、数量限定の「だし巻きサンド」を購入するためにお店へ急ぎました。

しかしお店につくと、魅力的なメニューが並んでいます。

その日はあまりお腹もすいてなかったということもあり、ほかのメニューは眺めるだけにしました。

そして何とか「だし巻きサンド」をゲットし、家路につくことに。

そして、いよいよ実食です。

とりあえず、いつものことながら、そのボリューム感だけで圧倒されてしまいます。

そして、テカリのある玉子の断面には食欲をそそられますよね。

出汁のしっかり効いた玉子の味は、やや濃いめなのですが、パンとのバランスがちょうど良く、私は大好きです。

まずは、1つ目をいただき、「だし巻きサンド」の味をしっかりと堪能です。

これでもすでにお腹が膨れてきましたが、ゆっくりと味わいながら、全てをたいらげました。

若い頃は、もっと食べられたのですが・・・

しかし、食べる量が減ったおかげで、どれを食べるかを決めるための意識は集中することができますよ!

今回は紹介できなかったのですが、「チキンカツ」も私は大好きです。

「サンドイッチ工房 サンドリア」のおすすめ情報

サンドイッチ工房 サンドリア」では、パン耳の無料の日がありますよ!

一袋ですごい重みのあるこのパン耳。

製造過程で出るものなのだそうですよ!

無料だなんて本当にありがたい事だと思います。

昔はほかのパン屋さんでもよく見かけましたが、今ではあまり置いていませんよね。

「サンドイッチ工房 サンドリア」では、昔ながらのそのサービスを続けているということにも、老舗店の貫禄を感じさせられます。

パンの耳は、細く切って砂糖をまぶして揚げ、子供のおやつとしてもバッチリです!

また料理好きの人は、ラスクやグラタン、キッシュにも利用することができますね。

もちろんそのまま食べても十分に美味しい!

タイミングが合えば、ぜひともゲットしてくださいね。

Sponsored Link

おわりに

今回は、「サンドイッチ工房 サンドリア」についてのご紹介でした。

もっと紹介したいメニューもあるので、徐々に追記していきますね!

「サンドイッチ工房 サンドリア」のサンドイッチは、自分用としてはもちろんなのですが、差し入れとしても大変喜ばれますよね。

どれを選ぶのかに悩みますが・・・

また、店内にはお願いの張り紙があり、「12時間以内に食べてください」とあります。

さらに「保存の際には冷蔵保存で」とありますが、やはり保存はせずに早めに食べた方が美味しいですよね。

とにかく人気があり、つねに列ができているイメージがあります。

その隙をついて、ぜひとも足を運んでみてくださいね!

ちなみに最近では、商品は紙袋に入れてくれますが、ビニール袋が有料になったので、マイバッグ持参で行きましょう。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました!

オススメ記事amusante(アミュゾント)|札幌すすきのに海鮮居酒屋がオープン!店舗情報などを紹介
オススメ記事麺屋 菜々兵衛 すすきの店|元祖の味とすすきの店オリジナルの味が堪能できるよ!
オススメ記事まろ吉|札幌の北大通りに広島風お好み焼き屋がオープン!メニューも紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください