リアル台北|札幌で小籠包などの飲茶を堪能!メニューなどを紹介

こんにちは、ダイチです!

今回は、札幌市中央区にある「リアル台北」に行ってきました。

2018年9月15日にオープンした「リアル台北」の人気はうなぎ登りで、予約をしないと入れないとのこと・・・

その噂は耳にしており、非常に気にはなっていましたが、今回やっと訪れることが出来ました。

台湾の一流料理店で修業したという、台湾人シェフが提供してくれる、本格的な台湾料理に期待が膨らみます。

とはいえ、台湾に行ったことは無いのですけどね。

ということで、今回は「リアル台北」について紹介していきたいと思います。

それでは早速、見ていきましょう!

Sponsored Link

リアル台北について

まずは、リアル台北の概要について紹介しますね。

リアル台北の場所

住所は「札幌市中央区大通西20丁目1-3 コンチネンタルZoneビル地下1階」になります。

札幌市営地下鉄東西線の「西18丁目駅(出入口1)」から歩いて約3分のところにあります。

また、共用の駐車場には3台分のスペースがあります。

満車の場合は近隣の有料駐車場を利用して下さい(5000円以上の飲食で200円引きのサービスとなっています)。

今回我々も、ビルの裏側にある有料駐車場を利用しました。

とりあえずビルの表側に到着しましたが、遠目から見るとまだ良く分かりません。

そして近くまで行くと、「リアル台北」の看板があり、地下へ通じる階段があります。

階段を降りると、左手に「リアル台北」がありました!

まだ新しいので、外観も綺麗ですよね。

リアル台北の営業日・営業時間

リアル台北の定休日は「火曜日」となっています。

営業時間

・月、火~金、祝前日
ランチタイム/12:00~15:00(LO 14:30)
ディナータイム/17:00~21:00(LO 20:30)

・土、日、祝日
通し営業/12:00~21:00(LO 20:30)

リアル台北の予約

予約に関しては、電話かHP上から行います。

電話番号:011-624-6811

HPはこちらからどうぞ。

トップページの右上に「空席確認・予約する」というボタンがあります。

ボタンをクリックすると、詳しい予約フォーム画面が開くので、必要事項を入力してくださいね。

リアル台北の座席数等

店内は広々としており、座席数は58もあります。

子供用の椅子も2脚あるそうです。

ちなみに、40名以上から最大58名までで、お店を貸し切ることも出来ます。

これほどの人気店を貸し切ると、ほかのお客さんが困るような気もしますよね・・・

Sponsored Link

リアル台北のメニュー

続いては、リアル台北のメニュー表を順に紹介しますね。

小籠包

リアル台北といえば、もちろん、「小籠包」ですね。

しかもその小籠包は、5種類もあります。

・プレーン小籠包(6個:890円 10個:1280円)
・かに小籠包(6個:1480円 10個:1980円)
・ほたて小籠包(6個:1480円 10個:1980円)
・トリュフ小籠包(6個:1980円 10個:2680円)
・鶏とパクチーの小籠包(6個:890円)

そして、「かに・ほたて・トリュフ」が2個ずつセットになったメニュー(6個:1480円)もあります。

出来れば、すべての種類の小籠包の味比べをしてみたいですよね。

前菜・主菜

そして、前菜と主菜のページです。

前菜

・三色卵(790円)
・台湾ソーセージ(790円)
・台湾ピータンと豆腐の前菜(690円)
・リャンバンチェズ(690円)
・昆布と干し豆腐のおつまみ(690円)
・白菜の和え物(690円)
・クラゲサラダ(690円)
・黒キクラゲの黒酢和え(590円)
・きゅうりのピリ辛甘酢漬け(590円)
・五香枝豆(590円)

前菜の種類も豊富にあります。

しかもリーズナブルなお値段ですよね。

とはいえ、小籠包とは別に、何を注文しようか悩んでしまいます。

主菜

・冷製 鶏の紹興酒漬け(1280円)
・でっかいエビワンタンピリ辛ソース(980円)
・エビと卵のチリソース(980円)
・台湾黒酢の酢豚(980円)
・台湾風スパイスから揚げ(980円)
・本日の青菜ガーリック炒め(890円)
・台湾名物 イカのすり身団子(790円)

あくまでも、小籠包を食べることが目的だったのですが、主菜も魅力的な料理が並んでいます。

リアル台北に来るチャンスが少ないと考えてしまうと、どうしても色々と注文したくなりますね。

お食事・デザート

そして最後は、お食事とデザートのページです。

お食事

・サンラータン(890円)/(麺 プラス300円)/ハーフ(700円)
・カラスミチャーハン(1680円)
・じゃこチャーハン(980円)
・ルーローファン・たまごスープ付き(850円)
・台湾混ぜ麺(890円)
・エビワンタンメン(980円)/ハーフ(700円)
・貝柱と卵のスープ(890円)/(麺 プラス300円)

ご飯と麺が大好きな私にとっては、どれもが魅力的ですね~。

しかも非常に美味しそうなので、いつかは全部制覇したいと思います。

デザート

・抹茶フングイかき氷(880円)
・台湾名物 マンゴーかき氷(1280円)
・タピオカミルクティーかき氷(880円)
・マンゴージェラート(390円)
・マーラーカオ(390円)
・胡麻あんまん(390円)/(追加1個 200円)
・芋圓仙草ゼリー(冷)(590円)
・芋圓ココナッツ汁粉(温/冷)(590円)
・豆花(冷)(590円)
・胡麻湯圓ピーナッツスープ(650円)
・タピオカミルクティー(650円)

デザートの種類も豊富です。

今は台湾スイーツが大人気ですよね。

こちらも種類が多く、何を注文しようか悩んでしまいます。

それ以前に、食事でお腹いっぱいになってしまい、スイーツにたどり着くことがなかなかないのですが・・・

そのほかにも、コースメニューも充実しています。

リアル台北での実食

今回はランチでリアル台北に訪れました。

ということで、お酒の注文を諦め、おのおのがポット台湾茶を注文することに。

小籠包とビールや紹興酒は絶対に合いますよね・・・

とりあえず注文を終え、足りない分はまたあとで注文することにしました。

私は凍頂烏龍茶を注文し、お茶が出来るまで砂時計を見ながら5分待ちます。

そしてお茶で乾杯し、料理が運ばれてくるまで、しばし談笑。

台湾ピータンと豆腐の前菜

まずは、ピータンが大好きな妻が注文した「台湾ピータンと豆腐の前菜」が運ばれてきました。

豆腐が大きいせいか、ボーリュームが凄い!

私も少しいただきましたが、ピータンの臭みが少なく、特製タレと豆腐との相性がバッチリです。

ランチの前菜には、もってこいの一品でした。

プレーン小籠包

そして、主役のプレーン小籠包10個の登場です!

あらかじめ運ばれていた、しょうがに醤油と酢を適量加え、小籠包の上に乗せました。

そして、中の汁が飛び出さないように、注意していただきます。

熱々の小籠包の味は抜群に美味しい!

これはいくらでも食べることが出来ますね。

3種の小籠包

そして、それぞれの味比べのために、3種の小籠包も注文しました。

特に風味の強かったのは、トリュフの小籠包でしたが、どの小籠包も甲乙つけがたい美味です・・・

結局は、一番シンプルなプレーン小籠包を再度注文することにしました。

本日の青菜ガーリック炒め

小籠包に舌鼓を打つ間に、主菜が運ばれてきました。

まずは、青菜ガーリック炒めですが、非常に日本人に合った味付けです。

本場でもこれほど美味しいのでしょうか?

台湾名物 イカのすり身団子

イカのすり身団子は、台湾名物なのですね。

もちろん美味しいのですが、ビールが飲みたくなってしまいました。

でっかいエビワンタンピリ辛ソース

そして、私がどうしても気になっていたのが、でっかいエビワンタンピリ辛ソースでした。

徐々にお腹が膨れてくるのが分かりましたが、悩んだ挙句、結局注文することに。

しっかりと味の付いたエビワンタンは、ピリ辛ソースとあいまって、絶妙な一品です。

それにしてもボーリュームがあり過ぎました・・・

しかし、ここからさらに注文!

じゃこチャーハン

おかずを食べていると、どうしても主食も欲しくなってしまいます。

ということで、じゃこチャーハンとプレーン小籠包6個を追加です!

エビワンタンメン

さらに麺類はエビワンタンメンのハーフを注文です。

透き通ったそのスープには、しっかりと出汁がしみ込んでおり、非常に上品で美味しい味付けでした。

当然のことながら、ここにも大きなワンタンが・・・

そして、麺と卵のキレイなコラボレーション!

麺はしっかりとしたコシがありますが、のどごしが良く、ツルツルと食べ進むことが出来ました。

そして、エビワンタンピリ辛ソースとプレーン小籠包をおかずに、じゃこチャーハンもモリモリいただきます。

エビワンタンメンも交互に食べ進めました。

最後はしっかりとスープも飲み干し、全てを完食です。

ごちそうさまでした!

Sponsored Link

おわりに

今回はリアル台北のご紹介と実食を報告させていただきました。

さすがに注文し過ぎだろ!と呆れられそうですね・・・

確かに注文し過ぎており、自分の限界を超えていました。

しかし、それに気が付いたのは全てを食べ終えてからだったのです。

自分の満腹中枢を破壊するほど、リアル台北の料理が美味しすぎて、止まらなかったということですね。

いくら何でも、普段はこれほどまでは食べないので、リアル台北の魅力に憑りつかれたようです。

あ、やはりデザートまでは、たどり着きませんでした。

今回は初来店という興奮もあったと思うので、次回からは自分の胃袋と相談しながら、デザートまでたどり着くようにしたいと思います。

ということで、リアル台北の料理は本当に美味しいので、是非とも足を運んでみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました!

オススメ記事札幌の和食処 一乃喜(いちのき)|旬の食材をコース料理にて堪能!
オススメ記事らーめん山頭火 札幌宮の森店|とんこつしおらーめんがオススメ!
オススメ記事ラーメン白熊(札幌市白石区)|地元民から愛される隠れた名店です!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください