回転寿司とっぴ~札幌桑園|メニューが豊富で値段もリーズナブル!

こんにちは、ダイチです!

回転寿司の「とっぴ~」、札幌の桑園店に行ってきました。

札幌の回転寿司の先駆けともいえる「とっぴ~」。

ところが、競合する回転寿司が続々とオープンし、2106年に倒産という事態に見舞われました。

しかしそこからフランチャイズ店が復活を果たし、現在では道内に8店舗、道外に2店舗を展開しています。

今回はその中から「回転寿司とっぴ~桑園店」について紹介していきますね。

それでは早速、見ていきましょう!

Sponsored Link

回転寿司とっぴ~桑園店のアクセスや営業時間など

住所:〒060-0010 北海道札幌市中央区北10条西15丁目1-1 JR桑園駅ウエストプラザ内

電話番号:011-615-0611

営業時間:11:00~22:00(L.O.21:30)

定休日:無休(臨時休業の場合もあり)

座席数:58席(カウンター:20席 6人掛けボックス席あり)

駐車場:JR桑園駅駐車場(1時間無料)

アクセス:JR桑園駅西改札口よりすぐ

公式サイト:http://toppi-sushi.jp/

営業を続けている「とっぴ~」の中でも、札幌中心部に位置し、桑園駅から徒歩0分という恵まれた場所に位置する桑園店。

そして安くておいしいメニューが充実しているので、我々家族もたびたびお世話になっています。

特に娘が「とっぴ~」の納豆巻が大好きなので、よく行きたがっています。

そしてその日の休日も、私が何を食べに行こうか悩んでいると、娘が「とっぴ~に行きたい!」ということで、朝から準備を始めました。

給料日後の休日ということもあって、開店時から混んでいると思い、少し早めに出発!

10分くらい前に「とっぴ~」の前に到着しましたが、誰も並んでおらず・・・

本当にやっているのかと心配しながら、少し時間を潰すことに。

そして、11:00少し前に再び向かうと、男性客が1人だけ待っていました。

少し安堵していると、店の扉がゆっくりと開きました。

そして娘と二人で店内に入ると、6人掛けのボックス席に何の躊躇もなく案内してくれます。

大混雑でカウンター席になるのかとばかり思っていたので、拍子抜けするとともに、少し申し訳ない気持ちで、ゆったりとボックス席へ。

そして水やお茶を用意しながら、ゆっくりとメニューを選び始めます。

Sponsored Link

回転寿司とっぴ~桑園店で注文したメニューは?

前日の疲れが少し残っていた私は、あまり食欲がなかったため、とりあえずは汁物と娘の納豆巻を注文しました。

その間も何を注文するか検討しつつ、注文用紙に書いていきます。

そしてまずは、「ふのりとまつもの味噌汁」が到着。

まずは口の中を回転寿司仕様に準備するために、味噌汁を一口いただきます。

海藻の風味が口に広がり、その旨みに触発されて食欲が出てきました。

そして、娘の「納豆巻」です。

メニュー表には子供用に小さくカットされた納豆巻はなかったのですが、注文した際に店員さんがわざわざ子供用なのかを確認してくれました。

店員さんの心配りに感謝です。

そして私が必ず注文するのが「サーモン」です。

この「サーモン」の味で、その回転寿司のレベルを判断しています。

見た目は完璧!

そして口の中へ放り込み、サーモンの味を吟味します。

脂身は少なかったものの、160円皿ということを加味すると、十分に美味しかったです。

そして続いては「はまち」です。

ネタもちょうど良いサイズで、美味しくいただけました。

そして、私は納豆系の軍艦巻が好きなので、今回は「イカ納豆」をチョイス。

こちらも口の中へ放り込み、いかと納豆、そして海苔の風味を味わいます。

海苔もパリパリとしており、美味しくいただきました。

そろそろ調子が出てきたので、お得な3貫盛りを注文することに。

まずは、「いか三貫盛り」からです。

さすがにボリューム感がありますよね!

こちらも1貫ずついただいていきます。

いかのしっかりとした食感と甘みを感じながら美味しくいただきました。

げそ巻もバラバラに崩れないように口の中へ。

まさにいかのげその味が口の中に広がり、これらも大満足でした。

と、いつもであればここからが本番なのですが、少しまんぷくになってきました。

そこで、少し口の中の味を変えようと思い、炙りものの注文です。

炙り大とろサーモン 塩こしょう」の登場!

サーモンの脂が炙られたことによって、さらに旨みが増します。

こちらはそのままいただきました。

予想通りの脂の旨みが口の中に広がり、その美味しさに食欲も回復!

そして最後は「とろ3貫盛り」で〆ることに。

有終の美を飾るにふさわしい一皿ですね。

最後は1貫ずつゆっくりと味わさせて頂きました。

途中で娘が納豆巻をおかわりし、全てを食べ終わったところでお会計です。

今回は注文数が少なかったこともあり、全部で1,944円でした。

ほかにもいろいろと注文したかったのですが、食欲がなかったために、近年まれにみる安さで終了です。

回転寿司を食べた満足感で満たされつつ、この安さにビックリでした。

食欲が全開の時には、もう+1,000円くらいになりますかね。

とはいえ、それでも十分にリーズナブルだと思います。

Sponsored Link

回転寿司とっぴ~桑園店のほかのメニューは?

今回はあまりにも注文するネタが少なかったので、ほかのメニューについても紹介していきますね!

店内に入ると、とりあえず目の付くところにおすすめの札が並んでいました。

そしてテーブルにも本日のおすすめがあります。

さらに詳しくメニュー表を見ていくと130円から480円までの握りメニューです。

次のページには130円から480円までの軍艦メニュー、そして炙りメニューがありました。

それぞれのページの下には、非常に魅力的な「もり盛りシリーズ」と「柚子胡椒シリーズ」がのっています。

続いてのページには、「巻物メニュー」と「揚げもの・蒸しものメニュー」、そしてドリンクメニューです。

そして最後のページには汁物とデザートメニューがありました。

そして店舗の壁にもおすすめがありました。

メニュー表にも載っていたのですが、お得な三貫盛りがやはりイチオシなのでしょうか。

そしてこれまた超お得な「ランチメニュー」です。

平日限定となっていますが、11:00~17:00までとかなり幅があり、気軽に立ち寄って食べるには、本当にお得なメニューだと思います。

回転寿司とっぴ~桑園店のサービスは?

お持ち帰り

回転寿司とっぴ~桑園店では、お持ち帰りも可能です。

このように、専用の「お好みお持ち帰りコーナー」もあります。

あとは、こちらもお得な「お持ち帰りめにゅう」ですね。

予約も可能なので、待ち時間が無く、好きな時に来れるのが便利ですよね。

LINEサービス

LINEのお友だち追加で190円皿が1皿サービスです。

さらには、お得なクーポンやキャンペーン情報が届くので、「とっぴ~」のお得なサービスを見逃すことがありません。

おわりに

今回紹介した「回転寿司とっぴ~桑園店」はいかがだったでしょうか?

最近台頭してきている高価格帯の回転寿司に負けじと、低価格帯を貫いている「とっぴ~」には頭が下がります。

そして、ネタのクオリティも極力保っているというところが凄いですよね。

そしてその立地には、多くの近隣住民も恩恵にあずかっています。

もちろん、観光客や桑園駅を利用する人には本当にありがたい回転寿司ですよね。

比較的空いているので、機会があれば、お気軽に足を運んでいただければと思います。

オススメ記事回転寿司 魚一心 小樽店|メニューが豊富で値段や味も大満足!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください