燦鳥(サントリー)ホノルル店|ワイキキディナーの鉄板焼がオススメ!

こんにちは、ダイチです!

今回は、北海道を離れ、ハワイグルメのご紹介です。

ワイキキには多くの鉄板焼き店がありますよね。

パフォーマンスを重視して、落ち着いて食事できないお店など・・・

しかし、燦鳥(サントリー)ホノルル店では、落ち着いた雰囲気の中で、鉄板焼を楽しむことが出来ます。

もちろんそのお味も抜群なので、我々家族は、行きつけのお店となっています。

ちなみに、燦鳥(サントリー)ホノルル店には、鉄板焼だけではなく、お寿司屋や和食も堪能することが出来る名店です。

今回はその中で、鉄板焼について紹介していきますね。

それでは早速、見ていきましょう!

Sponsored Link

燦鳥(サントリー)ホノルル店の魅力

我々家族が、燦鳥(サントリー)ホノルル店を行きつけにしているのは、様々な魅力があるからです。

行きつけのお店を見つけるのは、なかなか難しいと思うので参考にしてみて下さいね!

燦鳥(サントリー)ホノルル店の場所

まず第一に、そのお店に行きやすいかどうかが鍵となってきます。

特に子供連れの場合は、その行動範囲が限られてきますよね。

その点でいえば、燦鳥(サントリー)ホノルル店の場所は地図にある通り、ワイキキの中心部にあります。

ロイヤルハワイアンセンターB館の3階にあるため、ワイキキのホテルに宿泊していれば、遠くても歩いて15分程度でたどり着くのではないでしょうか。

しかも、食事の前後に買い物もできますしね。

燦鳥(サントリー)ホノルル店は息の長い老舗店

ハワイでせっかく行きつけのお店を見つけても、次回ハワイに訪れた際には、閉店しているということも、しばしばあります。

実際に私も、ほかにも何軒かの行きつけのお店がありました。

あれほど混んでいたのに閉店してしまうなんて・・・と、不思議なのと残念な気持ちを味わっています。

そんな気持ちを味わうことのないのが、息の長い老舗店の存在ですよね。

燦鳥(サントリー)ホノルル店は1980年に開業し、40年以上も存続しており、激戦区であるワイキキの中では老舗店の一つとなっています。

お店が閉店していると、どうしようもないので、この「息の長い老舗店」というのが、意外と重要なキーポイントになりますよね。

燦鳥(サントリー)ホノルル店は色々と味わえる

先ほども触れたように、燦鳥(サントリー)ホノルル店には、鉄板焼の他に、お寿司
和食料理のお店が併設されています。

関連記事燦鳥(サントリー)ホノルル店|和食が恋しい時のオススメ店の紹介!

それぞれには、ランチやディナー、そして様々なコース料理も取り揃えられています。

もちろん、単品でも様々な料理を楽しむことが出来ますよ。

3つのお店が併設していることで、和食料理店に入っても、鉄板焼を注文することもできます。

大は小を兼ねるではないですけど、燦鳥(サントリー)ホノルル店に来れば、様々な料理を堪能することが出来るため、非常にお得感もありますね。

燦鳥(サントリー)ホノルル店の料理は美味しい

そして絶対に外せない要素として、料理が美味しく無ければ、お話になりません。

ワイキキの中にも日本料理店はたくさんありますが、その中でも高水準で安定したクオリティを保っています。

特に、創作料理などに力を入れている日本料理店もありますが、興味本位で入ってみても、残念なお店が多くあります。

ハワイでの限られた時間の中では、食事の当たり外れが、その時の気分を大きく左右してしまいます。

特に私は、ハワイに行ける機会が少ないので、食事にかける意気込みは半端ありません。

そのため、ハズレを引いた時のガッカリ感は大き過ぎます・・・

とはいえ、新しいお店も開拓したい気持ちもあるので、まずは燦鳥(サントリー)ホノルル店を保険としておさえておき、新しいお店に挑戦することにしています。

燦鳥(サントリー)ホノルル店は日本語でOK

ハワイでは、英語を話せなくても、問題の無いお店が多くありますよね。

もちろん、燦鳥(サントリー)ホノルル店はサントリー系列のお店なので、日本人の店員さんも多くいます。

英語を話せる人には、特に重要なポイントではないと思いますが、私にとっては非常に大きな重要なポイントとなっています。

話はそれますが、ハワイに来て一番怖いのがコンビニです。

とにかく、一言二言話しかけてくるので、極力コンビニには行きたくありません。

英語を聴くと、恐怖心に襲われてしまいます・・・

その点でいえば、燦鳥(サントリー)ホノルル店のシェフは日本人が多いため、鉄板焼で料理をしている間にも、会話を楽しむことが出来ます。

英語は嫌いだけど、ハワイは好きなので、しょうがないですよね。

Sponsored Link

燦鳥(サントリー)ホノルル店の鉄板焼のディナーメニュー

燦鳥(サントリー)ホノルル店の鉄板焼のディナーメニューには、大きく3つのコースセットメニュー追加メニューがあります。

我々家族は、あらかじめメニューを決めてから、お店に行くようにしています。

コースメニュー

まずは、コースメニューのご紹介です。

グルメサントリーコース

全ての素材を贅沢に味わえるコースですね。

もちろんお値段も飛びぬけていますが、ハワイにいると、金銭感覚が麻痺してしまいます。

そして、気分も高揚しているので、私はいつも、「グルメサントリーコース」を注文してしまいます。

ボリュームも凄いのですが、ハワイだと食欲も増進!

翌日には、プールサイドでお腹をポッコリと出しながらの日焼けタイム・・・

ステーキ&ロブスターコース

これでも十分にボリュームがあります。

女性や少食な人にはこれでもお腹いっぱいになりますね。

しかし、このコースには、私の大好きな「あわび」と「フォアグラ」が入っていません。

もちろん、追加メニューで注文することもできますが、それをすると「グルメサントリーコース」の値段を越えてしまいます。

新鮮シーフードコース

こちらのコースにはお肉が入っていません

ハワイに来たらお肉でしょ!とも感じてしまいますが、シーフードが大好きな人にはバッチリのコースとなっています。

セットメニュー

こちらのセットメニューは、非常にお手頃な値段設定となっています。

日本で食べる鉄板焼と、さほど変わらないお値段なのではないでしょうか。

このようにバラエティに富んだメニューが揃っていることで、お財布と相談しながら、気軽に鉄板焼を食べることが出来るのも魅力的ですよね。

追加メニュー

好きなものだけ追加できるという、細かい心配りも素晴らしいと思います。

燦鳥(サントリー)ホノルル店での実食

予約時間に到着し、しばらくしてから店内の席に案内されます。

鉄板1台につき、最低でも片側に6席の椅子があり、隣の人たちとは相席のような状態です。

テーブルには、ゴマダレポン酢が用意されていました。

まだ隣の人たちの料理を作っている最中だったので、それを眺めつつ、あらかじめ決めていたメニューを注文しました。

ちなみに娘用の納豆巻を先に持ってきてもらうことに。

そして、とりあえずは、サントリーのプレミアムモルツで乾杯!

私は「グルメサントリーコース」を注文したので「特選お刺身の盛り合わせ」が運ばれてきました

さすが、日本料理店もあるだけあって、氷の上のお刺身の盛り付け方が綺麗で、光り輝いています。

とはいえ、結構なボリュームに、少し不安になりました。

それと同時に、鉄板の上では料理が作り始められていきます。

そして、小海老の香りソテーの出来上がり!

プリプリのエビが、こんがりと焼かれ、その食感と海老の風味がたまりません。

順調にビールが進みます。

そして、「本日の小鉢」も運ばれてきました。

上品な味付けで、これは完全に日本人向けですね。

そして焼き野菜が出来上がりました。

結構、ハイスピードで次々と料理が出てきます。

間髪入れずに、フォアグラと活メインロブスターの準備が進みます。

見た目もうっとりな、大好物のフォアグラの照り焼きが完成!

小さくナイフでカットしながら少しずついただくことに。

フォアグラを口に運んだ瞬間に、その風味が口全体に広がります。

期待を裏切らず、美味しいですね~

しかし、この量だと少ないくらいです・・・

フォアグラの余韻に浸っている間に、活メインロブスターも完成!

これぞ、ハワイ!という貫禄です。

バターの風味とあいまったそのお味は最高でした。

ビールを飲み終えたので、お次はカクテルを注文。

正面に座っていたお客さんが飲んでいるのを見て、私も飲みたくなってしまいました。

カクテルと鉄板焼も非常に合いますね~

もしかしたら、ビールより美味しいかも。

お次は、あわびが完成です。

非常に柔らかい歯ごたえと、あわびの風味にウットリです。

ハワイのあわびは、やや小さくて本当に美味しい!

そしていよいよ、お肉を焼き始めました。

キレイに焼かれているお肉を眺められるのも、鉄板焼の醍醐味ですよね。

そして、綺麗にカットされたお肉の登場!

赤みの残ったお肉は、何もつけなくても非常に美味しい!

むしろ、ゴマダレやポン酢につけるのがもったいないくらいです。

少しお肉の量を多く注文し過ぎたかと心配しましたが、全て完食してしましました。

ハワイに来てからの食欲は、自分でもビックリするくらい増進してしまいました・・・

食欲があることは健康な証拠ですよね!

そして、最後のガーリックライスの調理が始まりました。

とその時、シェフが「お客さん達、北海道でしょ!」と話しかけられたのです。

我々は、北海道のことは一切話していなかったのですが、北海道訛りを指摘されました。

そして、「旦那さん(私)だけ関東ですね。」と、見事に言い当てられました。

妻と妻の両親は完全に道産子で、私だけが横浜出身だったのです。

私も北海道に移り住んでからは20年以上になりますが、完全な北海道民にはなれていなかったのですね・・・

ちなみにシェフも北海道出身だったので、色々と話が盛り上がりました。

シェフとの会話は続いていましたが、ガーリックライスの完成です。

お新香とお味噌汁と一緒に、非常に美味しくいただきました。

最後の〆のデザートはマンゴーアイスでした。

シェフは、次のテーブルに向かうために、ここでお別れです。

こういう出会いも非常に楽しいですよね。

ということで、燦鳥(サントリー)ホノルル店の鉄板焼を満喫できました!

Sponsored Link

おわりに

ハワイに訪れた際に、必ず来るのが「燦鳥(サントリー)ホノルル店」の鉄板焼です。

ほかにも行きつけのお店があるのですが、娘がまだ小学生なので、今回は完全に娘中心のハワイ旅行となりました。

そして、偏食の娘が口に出来るのが、「燦鳥(サントリー)ホノルル店」の納豆巻だということもあり、鉄板焼を含めて、3回もお世話になりました。

そういう意味でも、我々家族にとっては、「燦鳥(サントリー)ホノルル店」が欠かせないお店となっています。

しかし、娘が生まれる前から行きつけのお店だったので、今後もお世話になることは間違いありません。

落ち着いた雰囲気で、美味しい鉄板焼を食べたい場合は、「燦鳥(サントリー)ホノルル店」が絶対にオススメです。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました!

オススメ記事ハワイのティムホーワン|ワイキキの本格的な飲茶専門店のご紹介!
オススメ記事:スカイワイキキの予約やドレスコードは?ハワイの人気スポットの紹介!
オススメ記事:札幌の和食処 一乃喜(いちのき)|旬の食材をコース料理にて堪能!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください