燦鳥(サントリー)ホノルル店|和食が恋しい時のオススメ店の紹介!

こんにちは、ダイチです!

今回は北海道を離れ、ハワイグルメのご紹介です。

ハワイに来ると、無性に和食が恋しくなることがありますよね。

そんな時には、燦鳥(サントリー)ホノルル店がオススメです。

燦鳥(サントリー)ホノルル店には、和食の他に鉄板焼やお寿司も食べることが出来ます。

それぞれのランチやディナーのメニューがありますが、今回は和食のディナーについて紹介していきますね。

それでは早速、見ていきましょう!

燦鳥(サントリー)ホノルル店について

ホノルルには日本食店がほかにも多くあります。

しかし、お気に入りのお店を見つけても、次にハワイに来た時には閉店になっているということも多々ありますよね。

燦鳥(サントリー)ホノルル店は、創作料理などでは勝負せず、純粋な和食を提供してくれます。

その経営方針が日本人観光客から高く評価されているのでしょうね。

もちろん、現地の人からも信頼されている名店です。

その結果が、激戦区ホノルルにおいて、息の長いお店として生き残っているのでしょうね。

また、燦鳥(サントリー)ホノルル店の料理がおいしいということはもちろんなのですが、その好立地な部分も大きなポイントだと思います。

ロイヤルハワイアンセンターB館の3階に結構前からありました。

特に小さな子供連れの家族には、非常にありがたい場所にありますよね。

我々夫婦は子供が産まれる前から、燦鳥(サントリー)ホノルル店の鉄板焼にはよく足を運んでいました。

子供が産まれてからは、遠出をする事が出来ないため、必然的に燦鳥(サントリー)ホノルル店が行きつけの場所となっています。

また、娘が過度の偏食のため、燦鳥(サントリー)ホノルル店の納豆巻と温かいそうめんしか食べることが出来ないという悲しい事情も・・・

その時の気分によっては、ステーキや焼肉も食べるのですけどね。

その結果、今回のハワイ滞在中に、燦鳥(サントリー)ホノルル店には3回も訪れることになりました。

ということで、今回はハワイ初日の夕食に訪れた、和食のディナーについて紹介しますね。

他の2回は別の記事にまとめたいと思います。

Sponsored Link

燦鳥(サントリー)ホノルル店の和食ディナー

今回は長めにハワイに滞在することが出来たので、初日のディナーは体に優しい和食にすることにしました。

しかしながら、私自身は燦鳥(サントリー)ホノルル店の和食ディナーは初めての経験でした。

というか、燦鳥(サントリー)ホノルル店は完全に鉄板焼のお店だと思い込んでおり、和食やお寿司が食べれるということを初めて知ることになります。

ちなみに、店内にトイレがあることも初めて知りました・・・(少なくとも5回以上は来ているのですけどね。)

お店に入ると、いつもは左側の鉄板焼コーナーに入ります。

しかし今回は、右側の和食コーナーへ。

 

そして、テーブルに案内され、サントリーのプレミアムモルツを注文!

とりあえず乾杯したあとに、ゆっくりとメニューを決めていきます。

あれ?自分が注文したメニュー表の写真を撮ったはずなのですが見つかりません・・・

ということで、こちらから⇒和食メニューをご覧下さい。

上記に載っていないメニューの写真はありました。

単品のメニューも充実しているのですが、かえって選ぶのに難儀するので、私は「すき焼きのお鍋コース」を注文。

娘はもちろん、「納豆巻」オンリーです。

妻は「温かい日本そば」と「ソフトシェルクラブの天ぷら」を注文していました。

妻が言うには、「ソフトシェルクラブの天ぷら」を出してくれるお店がそもそも少なく、そういう意味でも、燦鳥(サントリー)ホノルル店は特別なようですよ。

そしてビールを飲みながら、料理が運ばれてくるのをしばし待ちます。

燦鳥(サントリー)ホノルル店での実食

すき焼きのお鍋コース

まずは、前菜の小鉢とサラダからです。

これらは、サクサクといただきました。

そして刺身の盛り合わせが登場。

キレイに盛り付けられたお刺身を堪能です。

お次は茶わん蒸しの登場です。

日本で食べる茶わん蒸しと遜色のないお味です。

続いては、シソと白身魚の天ぷらですかね?

すき焼きに意識が集中しており、味を忘れてしまいました・・・

そしていよいよ、メインのすき焼きの準備開始です!

キレイに磨かれた鍋を見ただけで興奮してきました。

始めは店員さんが鍋に油を引き、具材を乗せて、すき焼きを作ってくれました。

その家庭によってすき焼きの具材は様々だと思いますが、この細長いねぎは初めてですね。

食感も良く、意外とすき焼きと合うということに驚きです。

こちらは、すき焼き用のお肉です。

日本のサシの入った繊細なお肉と比べるとアレですが、食べごたえはありそうですよね。

アメリカでは食べる習慣のない生卵もしっかりと用意されていました。

すき焼きと言えば生卵ですもんね!

しかも生卵は、お替り自由となっています。

そして、かき混ぜた生卵にお肉を投入

黄色い生卵に浮かぶ牛肉が非常に美しすぎます。

他の具材も美味しくて、どんどんとすき焼きを食べ進めていきました。

しばらくするとご飯セットの登場です。

ハワイでがっかりなのが、ご飯がマズイことですよね。

しかし、燦鳥(サントリー)ホノルル店では、日本産の「ななつぼし」を使用しているため、ご飯も美味しくいただきました。

ソフトシェルクラブの天ぷら

妻の注文したソフトシェルクラブの天ぷらです。

私も1ついただきましたが、柔らかい蟹の食感がたまりませんでした。

殻の風味も口の中にふんわりと広がり、思わぬ絶品料理に驚きです!

こんなに美味しい天ぷらがあるなんて、妻は今まで教えてくれていませんでした・・・

とはいえ、これで次からは、私もソフトシェルクラブの天ぷらを注文しようと思います。

温かい日本そば

そして温かい日本そばも運ばれてきました。

非常にシンプルな日本そばですが、それが逆に良いのかもしれませんね。

そばの味をじっくりと堪能することが出来ます。

納豆巻

そしてこちらが、娘の唯一食べられる、納豆巻です。

キレイに細かく刻まれた納豆巻は、完璧な見た目ですよね。

しかし、この日は娘も疲れていたのか、3つしか食べませんでした

調子のよい時は2皿をぺろりと平らげるのですが、娘の食事には本当に気を遣います・・・

Sponsored Link

おわりに

この日は年末ということもあり、お店は大混雑でした。

年末年始や連休などには、予約をかなり前からしておかなければならないそうです。

それくらい、大人気のお店なのですね。

そして、今回初めて堪能した「燦鳥(サントリー)ホノルル店」の和食ディナーでしたが、本当に美味しくて大満足でした!

これは大人気のお店になるはずだということを、改めて認識させられました。

「燦鳥(サントリー)ホノルル店」は今後もずっと生き残っていくお店なのでしょうね。

何となく敷居の高い感じもすると思いますが、訪れたことの無い人にはおススメのお店ですよ!

私も今度来た際には、違う種類の和食ディナーを注文してみたいと思います。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました!

オススメ記事長崎空港牡丹のちゃんぽんが美味しい!旅の〆はここで決まり!
オススメ記事らーめん山頭火 札幌宮の森店|とんこつしおらーめんがオススメ!
オススメ記事ステーキ円山本店|極上の海鮮肉鮮を鉄板焼きで贅沢に堪能!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください