スカイワイキキの予約やドレスコードは?ハワイの人気スポットの紹介!

今回は北海道を離れ、ハワイの人気スポットの紹介です。

ワイキキの街並みを一望できる「スカイワイキキ」。

もちろんレストランとしても料理も楽しむことが出来ますが、スカイワイキキの魅力はその場所にあります。

今回は、サンセットの時間に合わせて行ってみました。

ということで、スカイワイキキの予約方法ドレスコードについてもあわせて紹介していきますね。

それでは早速、見ていきましょう!

Sponsored Link

スカイワイキキの魅力

スカイワイキキの一番の魅力は、何と言ってもその場所にあります。

ワイキキの中心部に位置する、ワイキキビジネスプラザの19階にあり、テラスに出るとワイキキの街を一望することが出来ます。

さらに最上階には、姉妹店の「トップオブワイキキ」がありますが、そこはガラス張りとなっており、ワイキキの空気を直接感じることは出来ません。

ビルの最上階にある、帽子のような形をしたところが「トップオブワイキキ」。

そしてその下の出っ張った部分が「スカイワイキキ」になります。

テラスの座席によっては左側にダイヤモンドヘッドを眺めることができ、右側にはアラモアナ方面の街並みを一望できます。

そして、夕暮れのワイキキビーチのサンセットを拝むことが出来ることが最高です!

また、太陽が沈んだホノルルの夜景も楽しめます。

そんな魅力的な場所で、お酒や食事を楽しむことができるなんて、本当に贅沢ですよね。

そんな魅力が噂となり、現地の人や観光客からも注目を集め、人気スポットとなっています。

人気があるがゆえに混雑は必至ですが、ハワイを訪れた際には、是非とも足を運んでもらいたい場所ですね。

Sponsored Link

スカイワイキキの予約やドレスコードなど

とりあえずは、スカイワイキキの魅力は伝わったと思います。

そして、実際にスカイワイキキに行くための情報もお伝えしますね。

ちなみに、スカイワイキキの営業時間は下記の通りとなっています(2020年1月時点)。

日曜日~木曜日/17:00-23:00

金曜日~土曜日/17:00-24:00

ハワイでのスケジュールに合わせて、検討してみて下さいね!

スカイワイキキの予約

オススメの時間帯はサンセットに合わせてですが、予約は必ず必要になってきます。

予約に関しては、スカイワイキキのHPからも行えます→こちらをどうぞ!

スカイワイキキのHPを開くと日本語に対応していることが分かります。

メニューボタンが並んでいる「日本語」を選択すると、以下のような画面が現れます。

そして右上にある、」オレンジ色の「Reserve」を押すと、以下のような予約画面になります。

上から順番に、「日付・人数・時間」の項目をそれぞれ選択してください。

そして、一番下にある「Search」ボタンを押すと、さらに細かい時間設定の選択画面に移ります。

予約可能であれば、そのまま進んで下さいね。

比較的簡単に予約することが可能ですが、HP上だけでは不安な人も多いのではないでしょうか。

そんな時は、各ツアー会社のオプションでつけてもらうか、JCBなのどカードラウンジでお願いしてみて下さい。

予約に関しては、どこかで間違いが生じる可能性もあるので、念入りに行った方が良いですよ。

というのも、私は今回のハワイ旅行で、他のお店なのですが、予約時間のズレが生じてしまいました・・・

気分よくハワイ旅行を楽しむためには、予約の大切さを痛感させられましたね。

ドレスコード

ハワイにはドレスコード(服装)がきちんと設定されているお店が意外と多くあります。

スカイワイキキにもドレスコードがあり、男性の場合は襟のついたシャツと靴を履いていなければなりません。

無いとは思いますが、Tシャツで海パン、サンダルやスリッパだと入店させてくれません。

女性や子供の場合にも、それに準じた服装で行ってくださいね。

ちなみにハワイではアロハシャツは正装として扱われます。

ドレスコードがあるということで、スカイワイキキは大人のお店だということが分かりますよね。

とはいえ、それほど緊張する必要はありません。

少し旅行の荷物が増えますが、正装に関しては、最低でも一着は準備しておくべきですね。

スカイワイキキの利用

スカイワイキキを利用する目的は色々とあると思います。

・家族でワイキキの景色を楽しみながら、ディナーを堪能。

・大人だけで夜のバーでお酒を楽しむ。

そして今回、我々家族がスカイワイキキを利用した目的は、サンセットを拝むためでした。

スカイワイキキへ

18時に「スカイワイキキ」でサンセットを楽しみ、19時からは「トップオブワイキキ」でディナーの予定です。

予約に間に合うようにホテルを出発し、ワイキキビジネスプラザに向かいました。

建物に入り、18階まではエレベーターに乗ります。

そこからはエスカレーターを使って、19階のスカイワイキキに到着。

受付を済ませ、待合室に通されました。

そこにはメニュー表もあったので、おのおのがメニューを決めていきます。

そして少ししてから、メニューを悩んでいる合間に、テラスの席へ案内されました。

案内されたのは右側の席で、ワイキキビーチサイドにはシェラトンホテルが見えます。

ホテルとホテルの間からワイキキの海を眺めることができ、やや曇っていますがサンセットもバッチリ拝めそうです。

しかし、年末ということもあり席は当然のことながら満席

テラスを移動するのも苦労するほど人でにぎわっていました。

ということで、ほかの場所からの撮影は断念・・・

カクテルやおつまみの注文

もちろん、このシチュエーションであれば、カクテルですよね!

そして、カクテルの注文だけでは申し訳ないので、ディナーに影響しないようにフレンチフライを注文です。

各々のカクテルが運ばれてきたところで乾杯です!

娘は持参したアンパンマン牛乳で乾杯!

美味しそうなフレンチフライですよね~。

というか、本当に美味しくて食べ出したら止まりません。

偏食な娘もパクパクとつまんでいました。

そして、ワイキキの景色を楽しみます。

サンセットの映像

太陽を本当にちょうど良い場所に拝むことができました。

そして、カクテルを飲みつつサンセットを撮影です。

↑その時に撮影した動画です。

宜しければご覧下さい!

Sponsored Link

おわりに

今回はワイキキの景色とサンセットを楽しむためだけに、贅沢ながら、スカイワイキキを利用させていただきました。

まだ娘も小さいため、ディナーはもう少し落ち着いた雰囲気のトップオブワイキキにしました。

ハワイを楽しむためには適材適所の人気スポットを選ぶ必要がありますよね。

スカイワイキキのあとは、再びエスカレーターに乗って、最上階にあるトップオブワイキキに簡単に移動することができます。

我々の今回のような行動も、少しでも参考になればと思います。

そんなこと「とっくに知ってるよ!」という人には、ゴメンナサイです。

そしてトップオブワイキキの紹介に関しては、次の記事にまとめてみたいと思います。

宜しければそちらもご覧下さい。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました!

オススメ記事ハワイのティムホーワン|ワイキキの本格的な飲茶専門店のご紹介!
オススメ記事長崎空港牡丹のちゃんぽんが美味しい!旅の〆はここで決まり!
オススメ記事らーめん山頭火 札幌宮の森店|とんこつしおらーめんがオススメ!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください