ラーメン白熊(札幌市白石区)|地元民から愛される隠れた名店です!

こんにちは、ダイチです!

今回は偶然に出会った「ラーメン白熊」について紹介していきたいと思います。

札幌の有名店には名を連ねていませんが、あっさりの中にもコクのあるスープとちぢれ麵の相性が抜群のラーメンを提供してくれます。

そして、アクセスは決して良くはありませんが、店内はお客さんで溢れていました。

おそらくは、地元でも有名な名店なのではないでしょうか。

スープの味は、私の好みにバッチリと合っていました。

それでは早速、そんな「ラーメン白熊」について見ていきましょう!

Sponsored Link

ラーメン白熊のアクセスや営業時間は?

住所: 〒003-0030 北海道札幌市白石区流通センター5丁目1−30

電話番号:011-861-5604

営業時間:10:30~21:00

定休日:無休

座席:32席(カウンター24席、テーブル8人席有り)

駐車場:30台(大型車も可)

アクセス:地下鉄東西線 大谷地駅より徒歩約16分(1.3km)

その日は、普段はあまり足を運ばない、札幌市白石区の方へ家族で出かけることに。

娘のためにアクセスサッポロで開催されているイベントに参加するために、朝早くから自宅を出発しました。

アクセスサッポロには無事到着したものの、周囲には倉庫などが立ち並び、飲食店がほとんど見当たりません。

そこにポツンとラーメン屋さんがあることを発見します。

結構古そうなラーメン屋さんでしたが、時間の空いた11時過ぎにそのラーメン屋さんに行くことにしました。

ラーメン屋の外観からは、一切そこの味が想像できません。

一抹の不安を感じながらのれんの前に進みます。

そして、とりあえずは店内に入ることにしました。

カウンター席は半分ぐらい埋まっていましたが、我々家族は広いテーブル席の端の方に座ることが出来ました。

とりあえず一息つき、メニュー表を眺めながら、何を注文するのか選び、入り口の横にある食券を購入します。

Sponsored Link

ラーメン白熊で注文したメニューは?

いかんせん、初めてのラーメン屋なので、色々とな悩みましたが、ここはオーソドックスに注文

私は味噌ラーメンを注文し、妻と娘は醤油ラーメンを注文し、それをシェアすることに。

そして焼きめしと餃子を注文しようとしたのですが、焼きめしは午後2時から販売との張り紙が・・・

食べられないことが分かると余計に食べたくなってしまいますが、しょうがないですよね。

しばらくすると、注文したラーメンが運ばれてきました。

まずは「味噌ラーメン」からです。

飾り気のない、本当にオーソドックスな見た目ですよね。

まずはスープから一口。

あれ???・・・うまい!!!

失礼ですが、あまり期待していなかったので、その美味しさに驚かされました。

私の大好きな、味噌の味を邪魔しない、ほのかに甘みのある、優しい味の味噌ラーメンのスープです。

少し興奮気味に、妻にも味噌ラーメンのスープを味わってもらうことに。

妻にも「美味しい」との一言をいただきました。

妻の言葉に確信を持った私は、続いて麺をいただくことにします。

麺もちょうど良い太さで、歯ごたえもしっかりとあり、スープが絡みつくちぢれ麵です。

ちなみに麺の硬さは自由に選べるようでしたが、私はこの硬さがベストだと感じました。

続いては、「醤油ラーメン」の登場です。

こちらも見た目は余計な飾りつけのない「醤油ラーメン」でした。

娘の分を小皿に取り分け、横からスープを一口いただきます。

こちらも非常にあっさりしていましたが、そのスープの味にはしっかりとした芯があり、非常に美味しかったです。

娘もモリモリと美味しそうに醤油ラーメンをたいらげました。

そして、ラーメンを食べるのと同時に「餃子」もいただきます。

お肉がジューシーで、バリパリの皮に包まれた餃子でした。

お肉にも味が付いており、白いご飯も注文すれば良かったなと少し後悔・・・

それにしてもスープの味に変なクセが無く、ついつい飲み進んでしまいます。

そして、全てを完食し終わると、ラーメン屋での久しぶりの満足感に包まれました。

「ラーメン白熊」と出会ったチャンスをくれた娘にも感謝です。

Sponsored Link

ラーメン白熊のメニューは?

壁には非常に目立ちやすく、メニュー一覧が掲げられています。

今回は注文しなかったのですが、塩ラーメンを注文するお客さんも多くいました。

そして、メニュー一覧の下には「味噌角煮ラーメン」をおススメする文字がありました。

角煮も非常に美味しいのでしょうね。

そしてあの優しい味の「味噌ラーメン」のスープに合うのは間違いなさそうです。

角煮が美味しいということは、焼きめしも美味しいはずですよね。

忙しい時間を過ぎた午後2時からというのが、少し残念ですが、今度は焼きめしを食べられる時間に絶対に来たいという気持ちが芽生えました。

「ラーメン白熊」の焼きめしを食べることができたら追記したいと思います。

おわりに

我々家族が店内に入ってからも、続々とお客さんが来店し、12時前には満席状態になっていました。

徒歩によるアクセスは決して良くないのですが、大きな道路に面しており、広い駐車場も「ラーメン白熊」の大きな魅力です。

そして、自転車で訪れるお客さんも多く、地元の人にとっては人気の有名店なのかもしれませんね。

今回「ラーメン白熊」に来店できたのは、本当に偶然のことでした。

ラーメンの本などには掲載されていないようなお店でしたが、お世辞抜きで大当たりだと思います。

私の中でのラーメン店ランキングでも上位に入ることは間違いないですね。

有名なラーメン店の中でもイマイチのお店はたくさんありますよね(個々の好みにもよるとは思いますが)。

「ラーメン白熊」のように昔からあり、繁盛しているラーメン店は、探すとほかにもたくさんありそうなのだと感じさせられました。

今後も本などには掲載されていない、地元の名店を探し、紹介していければと思います。

あっさりの中にも深みのあるラーメンが好みの方には「ラーメン白熊」は絶対にオススメです。

車で行く場合は、平和通りに面しており、比較的分かりやすい場所なので、機会があれば是非とも足を運んでいただければと思います。

オススメ記事味の時計台 北5条店|あご出汁スープとちぢれ麵の相性が抜群!
オススメ記事らーめん山頭火 札幌宮の森店|とんこつしおらーめんがオススメ!
オススメ記事羅妃焚 イオン札幌桑園店|クセのない優しいラーメンの味を堪能!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください