リーチマイケルの出身校は?北海道の札幌が第2の故郷の理由を紹介

ラグビー日本代表のキャプテンを務めたリーチマイケル選手。

2019年に日本で開催されたラグビーワールドカップでも大活躍を見せてくれました。

そんな凄い選手がなぜ北海道の札幌が第2の故郷なのでしょうか?

そして、道民にとっては親近感が湧いてきます。

そこで今回は、リーチマイケル選手の出身校などについて紹介していきたいと思います。

それでは早速、見ていきましょう!

Sponsored Link

リーチマイケルのプロフィール

まずは簡単にリーチマイケル選手のプロフィールから紹介しますね。

リーチマイケル(英語名:Michael Leitch)選手は、1988年10月7日生まれで、ニュージーランドの出身です。

2019年の誕生日には31歳を迎えており、日本代表の中でもベテランとして他の選手を引っ張てきました。

身長は190㎝で体重は105㎏と恵まれた体格ですが、スピードのある低いタックルを武器としています。

普通の人がリーチマイケル選手からタックルをくらったら、ひとたまりもありませんよね。

そんなリーチマイケル選手ですが、5歳の頃からニュージーランドでラグビーを始めました。

さすが常勝軍団「オールブラックス」を有するお国柄ですよね。

幼い頃からライバルにもまれ、ニュージーランドの子供たちは必然的に強くなっていきます。

リーチマイケル選手も他のライバル同様、「オールブラックス」の一員になるべく頑張るはずでしたが、15歳の時に人生の大きな転機が訪れることになりました。

しかも、北海道がその転機に大きくかかわっていたのです。

リーチマイケルと日本の家族

リーチマイケル選手が日本文化に大きく興味を抱くようになったのは、幼い頃からのラグビー仲間だったニックの存在でした。

ニックは日本人の母親と英国人の父親の間に生まれ育ったハーフだったのです。

ニックの家に行くと、ニックの母親が日本料理でリーチマイケル選手をもてなしてくれました。

生まれて初めて口にした納豆も全然平気だったそうです。

そして食事の際には、「いただきます」や「ごちそうさまでした」という言葉を学び、そのほかの日本文化を身近に触れつつ、徐々に日本自体にも興味を抱くようになります。

その後ニックが札幌に留学することが決まり、リーチマイケル選手もそれに触発されて、札幌に留学する事を決意しました。

そしてホームステイ先は、当時高校ラグビー部の主将を務めていた森山展行さんの自宅でした。

森山展行さんの父親の修一さんは、札幌駅にほど近い、お寿司屋さん「七福鮨(しちふくずし)」を営んでいたのです(現在は休業中です)。

それまでリーチマイケル選手は、お寿司といえば、カルフォルニアロールしか知りませんでした。

到着したその晩に歓迎会が催され、特上の握りずしが振舞われたそうですが、リーチマイケル選手は、それが寿司であることを認識できなかったそうです。

とはいえ、本物の寿司を口にしたリーチマイケル選手は、その美味しさに感動し、完食してしまいました。

また、森山家にはもともと男3兄弟がおり、そこにリーチマイケル選手が加わりましたが、森山夫妻は自分達の子供と同じようにリーチマイケル選を育てたと語っています。

箸の持ち方から日本語まで、妥協することなく徹底的に教え込んだそうです。

また、母親の久美子さんは、リーチマイケル選手にも大盛のご飯とミートボールやハンバーグなどのおかずのお弁当を持たせていました。

リーチマイケル選手はその中でも「そぼろの3色弁当」が大好物だったようです。

さらには、森山家の墓参りについていったりと、リーチマイケル選手は完全に森山家の一員となっていきました。

そして10か月ほどホームステイした森山家の両親を、今でも日本のお父さんお母さんとして慕っているそうです。

Sponsored Link

リーチマイケルの出身校は?

リーチマイケル選手が留学した高校は、札幌市西区にある「札幌山の手高等学校」でした。

「札幌山の手高等学校」は国際教育が盛んで、海外からの留学生も積極的に受け入れていました。

そして、部活動にも積極的に取り組んでおり、ラグビーのみならず、各スポーツにおいて全国大会の常連校だったのです。

それだけの学校なので、部活動の練習量も半端ないものでした。

その練習量はリーチマイケル選手がニュージーランドで経験してきたものとは比にならないほど厳しく、リーチマイケル選手に「世界一厳しい練習」と言わしめるほどでした。

とはいえ、リーチマイケル選手は淡々とその厳しい練習に取り組み、他の部員たちはその姿に触発されたそうです。

それと同時に、リーチマイケル選手自身も日本人の勤勉さや、謙虚さを学んでいきました。

さらにはコーチが、リーチマイケル選手の体をとにかく大きくしようと、練習後に「びっくりドンキー」に連れて行きました。

リーチマイケル選手は400gのハンバーグを2皿も食べていたそうです。

来日した当時には78㎏しかなかった体重も、卒業時には100㎏に達していました。

様々な努力が実り、高校日本代表としても活躍することになります。

高校卒業時には現在の体重と変わらないくらいになっているので、高校時代がリーチマイケル選手の基礎を作り上げたといっても過言ではありません。

そして高校卒業後は東海大学から東芝に進むことになります。

Sponsored Link

リーチマイケルが帰化した理由は?

リーチマイケル選手は2013年に日本国籍を取得しました。

その頃すでに日本人の奥さんと子供がいたということも大きいのですが、帰化した最大の理由としては、自分を育ててくれた「日本に恩返しがしたい」という強い想いがあったのです。

リーチマイケル選手は日本に来たことを「一切後悔していない」と語っています。

やはり、高校時代の森山家でのホームステイ体験が大きかったのですね。

↓↓リーチ マイケル選手より札幌市へ応援メッセージが届きました!

おわりに

日本ではマナースポーツだったラグビーを、ここまで盛り上げてくれたリーチマイケル選手。

そして、リーチマイケル選手自身にも注目が集まり、ファンからのサイン攻めにあっていましたね。

さらには、リーチマイケル選手が北海道のことを「自分の原点」、そして「第2の故郷」と語っていることを本当にうれしく思います。

それによって、北海道にもにわかに注目が集まっているので、十分に恩返しできたのではないでしょうか。

選手としてもまだまだ活躍してもらいたいと思いますが、将来的はラグビー日本代表監督としても活躍してもらいたいと思います。

しばらくは忙しい毎日が続くと思いますが、少し落ち着いたら、北海道にも遊びに来てくださいね!

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました!

オススメ記事鈴木直道(北海道知事)のプロフィールは?嫁と共に北海道に貢献!
オススメ記事トムブラウン(北海道出身芸人)布川とみちおの合体ネタが斬新!
オススメ記事山﨑愛生(北海道出身)は得意の英語でモー娘に!目が可愛いと評判!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください