嵜本(さきもと)札幌の高級食パン店!店舗やメニューなどを紹介

札幌でも高級食パン店の出店ラッシュが続いています。

そんな中、高級食パン店の嵜本(さきもと)札幌南13条店が、2019年10月5日(土)にオープンしました。

全国に店舗を展開しており、その人気を物語っていますよね。

嵜本(さきもと)札幌南13条店でも長蛇の列が出来るほどの人気店となっており、非常に気になる存在でした。

私もようやく訪れる機会があったので、嵜本(さきもと)の高級食パンを購入し、いただいてみました。

そこで今回は、嵜本(さきもと)のメニューや味の感想などを紹介していきたいと思います。

それでは早速見ていきましょう!

Sponsored Link

嵜本(さきもと)札幌南13条店の概要

嵜本(さきもと)はてっきり札幌が発祥のお店だと思っていましたが、大阪に本店を構え、関西を中心に日本各地や台湾にも店舗を展開していました。

しかも、今後も続々と新店舗をオープンしていくようです。

それだけの実績があるため、札幌においても勝算があるのだと踏んだのでしょうね。

そして、その目論見は見事に当たり、今では人気店として君臨しています。

嵜本(さきもと)札幌南13条店の場所

住所は「〒064-0913 北海道札幌市中央区南13条西15丁目2−3」となっています。

電車通り沿いの西線11条駅と西線14条駅のほぼ中間にあります。

店舗の正面には5~6台分の駐車スペースがあるので、車で訪れても大丈夫ですよ。

だたし、時間帯によっては、かなり混んでいるんで満車の場合もあるので注意してくださいね。

電話番号

予約やお問い合わせの際には、電話をして下さい。

011-211-5454(受付時間11:00~19:00)

ホームページ

https://shokupan-sakimoto.com/

営業時間

11:00~19:00(LO.18:30)

定休日

不定休

座席数

店内にはテーブル席(24席)があるため、店内でもお食事を楽しむことが出来ます。

※私が訪れた時は、緊急事態宣言中だったため、テーブル席は閉鎖されていました。

しばらくは、店内での飲食は中止になっている可能性もあるので、電話にてご確認ください。

Sponsored Link

嵜本(さきもと)札幌南13条店でのメニュー

嵜本(さきもと)では、店舗によって取り扱っているメニューが少し異なるようです。

札幌南13条店では、高級食パンだけではなく、ジャムの種類も豊富に取り揃えていました。

また、今回は直接ご紹介できませんが、飲食スペースだけのメニューもあるようですよ。

それでは順番にメニューを紹介していきますね。

高級食パン

高級食パンには、スタンダードメニューのほかに、曜日限定のメニューなどがあります。

札幌南13条店でのスタンダードメニューは「極美“ナチュラル”食パン」と「極生“ミルクバター”食パン」となっています。

・極美“ナチュラル”食パン

嵜本(さきもと)の高級食パンを始めて食べる方は、まずはこの「極美“ナチュラル”食パン」をおすすめします。

お値段は1斤900円となっています。

今回は私もこの「極美“ナチュラル”食パン」を購入したので、お味の方は、のちほど紹介しますね。

・極生“ミルクバター”食パン

お値段は1斤950円となっています。

「極生“ミルクバター”食パン」は、「極美“ナチュラル”食パン」と比べると、蜂蜜が配合されていることにより、甘めとなっています。

焼かずにそのままでいただくことをおすすめしていますね。

なお、蜂蜜入りのため、1 歳未満の乳児には与えないで下さいとのこと。

いずれの食パンに関しても、そのサイズが大きいため、2斤同時には食べきることが出来ません。

私も、次回の機会には、「極生“ミルクバター”食パン」を購入してみたいと思います。

曜日限定メニュー

札幌南13条店では、月曜日・水曜日・金曜日のそれぞれに、限定メニューが販売されています。

これらの限定メニューに関しては、予約が必須なのではないでしょうか。

とはいえ、曜日限定なので、食べたくても食べられない人も多いですよね。

私も平日は無理なので、祝日を狙って購入してみたいと思います。

・黒糖山型食パン

月曜日限定メニューの「黒糖山型食パン」です。

お値段は1斤1000円となっています。

黒糖の風味を楽しむことにこだわった食パンとなっており、卵・乳を使用せず、ストレート製法で仕上げています。

黒糖好きの人にはたまらない食パンですよね。

何もつけずに、黒糖の風味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

・マスカルポーネと蜂蜜の食パン

水曜日限定メニューの「マスカルポーネと蜂蜜の食パン」です。

お値段は1斤800円となっています。

北海道根釧地区の風味が強くキメが細かくてなめらかなクリームチーズとマスカルポーネチーズが使用されており、蜂蜜の風味を引き出したふんわりとした食パンです。

イマイチ味が想像できませんが、是非とも食べていたい食パンです。

シフォンケーキのような食パンだということなので、おやつ感覚で食べられるのかもしれませんね。

・極葡萄食パン

金曜日限定メニューの「極葡萄食パン」です。

お値段は1斤1300円となっています。

ラムレーズンを自家製の天然酵母を使用した生地に練り込んだ食パンです。

「極葡萄食パン」の開発には苦労したようですが、それだけの自信作なのでしょうね。

ラムレーズン好きの私には、絶対に絶対に食べてみたい食パンですね。

しかしながら、曜日限定というネックが・・・

ジャム

レジの前には、様々な種類のジャムも紹介されていました。

かなり魅力的なラインナップでしたが、今回は長居すること無く帰ることに。

またの機会に、ジャム以外にも、じっくりと探索してみたいと思います。

嵜本(さきもと)の「極美“ナチュラル”食パン」の実食

今回は偶然立ち寄ることが出来たのですが、緊急事態宣言中だったために、営業しているのかが心配でした。

しかし、感染防止対策を万全にしており、営業してくれていたのです。

店の奥の飲食スペースは、進入禁止となっていましたが、食パンなどの販売は行っていました。

とはいえ、いきなり入って、予約もなしに購入できるのかが心配でしたが、スタンダードメニューの2種類は購入できるとのこと。

ちょっと悩みましたが、初心者の私は、「極美“ナチュラル”食パン」に決めました。

そして、家に持ち帰り、早速実食です。

とその前に色々と記念撮影!

まずは、お店の顔とも言うべき、手提げ用の紙袋からです。

いたってシンプルなデザインですが、逆に渋くてカッコイイですよね。

そして、「極美“ナチュラル”食パン」を取り出し、丸ごとの記念撮影。

ずっしりとした重みがあり、ボリューム感が凄いですよね。

そして、食パンの端の刻印がまた渋いですよね。

まずはそのまま食パンを一口いただきます。

ふわふわとした食感で、これぞ食パン!という感じでした。

そのあとは、トースターで焼き、バターを塗っていただきました。

本当にシンプルなお味で、何を塗っても美味しいと思います。

これに先ほどの様々な種類のジャムで楽しみたいですね。

Sponsored Link

おわりに

今回は、初めて嵜本(さきもと)の高級食パンをいただきました。

お店の前の行列がいつも気になっていたのですが、これで納得です。

あとは、曜日限定の食パンが非常に気になります。

自宅からは、決して遠くないのですが、曜日限定に関してはどうしようもありません。

それがかえって悔しいところですが・・・

新型コロナウィルスの流行がもう少し落ち着いたら、じっくりと探索してみますね。

その際は、また別の記事にまとめてみたいと思います。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました!

オススメ記事うな明(札幌)|緊急事態宣言中にうなぎの出前を注文!メニューも紹介
オススメ記事乃木坂な妻たち|札幌桑園の高級食パンとカフェなどの情報を紹介
オススメ記事はせ川別誂(大丸札幌店)札幌高級食パン店のメニューなどを紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください