らーめん海鳴(うみなり)|江別の大麻に道産食材にこだわったラーメン屋がオープン!

らーめん海鳴(うみなり)」が江別の大麻にオープン!

「らーめん海鳴(うみなり)」では、道産食材にこだわった、美味しいラーメンを提供してくれますよ。

そんな魅力的なお店のことが気になりますよね。

そこで今回は、「らーめん海鳴(うみなり)」について紹介していきたいと思います。

「らーめん海鳴(うみなり)」の店舗情報

まずは簡単に、「らーめん海鳴(うみなり)」の店舗情報から紹介しますね。

場所

○住所

〒069-0846 北海道江別市大麻桜木町32−18

○アクセス

JR「大麻駅」より徒歩約20分

○駐車場

あり(6~7台分)

お問合せ

011-386-0035

営業時間

11:00~17:00(スープ無くなり次第終了)

定休日

不定休

座席数

18席

(カウンター 6席、テーブル席 2×1席 4×1席、小上り 6×1席)

インスタグラム

らーめん海鳴

オープン日

2020年10月30日(金)

Sponsored Link

「らーめん海鳴(うみなり)」のメニュー

「らーめん海鳴(うみなり)」では、4種類のラーメンのほかにもサイドメニューなども用意していますよ!

らーめん・セット

・味噌:700円

・塩:700円

・醤油:700円

・豚骨:700円

・ハーフ各種:500円

・麺大盛:100円

・らーめんセット:850円

・ハーフセット:650円

サイド・トッピング

・チャーシュー丼:350円

・チャーハン:350円

・肉味噌丼:350円

・トッピング各種:100円

・チャーシュー4枚:200円

・焼餃子:300円

・ライス:100円

・ハイボール 瓶チューレモン

・ビール中瓶:350円

・ソフトドリンク:150円

Sponsored Link

「らーめん海鳴(うみなり)」の道産食材へのこだわり

らーめん海鳴(うみなり)」では、道産食材にこだわったラーメンを提供しています。

まずは森町の「ひこま豚」。

「ひこま豚」とは、道南アグロ農場にて生産者「日浅」が「駒ヶ岳」の麓にある森町で作っているSPF豚ということで「ひ(日)こま(駒)豚」と名付けられました。

ちなみに、ひこま豚の肉質には以下のような特徴があります。

・善玉菌パワーが臭みのない風味を実現

・きめが細かく、やわらかい肉質

・脂身が甘い

・保水性が高く、しっとりしている

・悪い病原体をもっていないため、アクが出にくい

そのひこま豚と道産の真昆布を使い、時間をかけて丁寧にに仕上げた掃湯スープが完成!

また麺には道産のななつぼしを使用し、「艶・粘り・甘み」のバランスが抜群の仕上がりとなっています。

その両方が良さが組み合わさったラーメンには、非常に大きな魅力を感じますよね。

スープが無くなり次第終了ということなので、「らーめん海鳴(うみなり)」には、お早めに足を運んでくださいね!

そして、「らーめん海鳴(うみなり)」のラーメンの味を思い存分堪能してください!

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました!

オススメ記事らーめん信 nobu|札幌のすすきのに塩ラーメン売りのラーメン店がオープン!
オススメ記事MEN-EIJI tukisamu factory|札幌の月寒に人気ラーメン店がオープン!
オススメ記事麺屋 菜々兵衛 すすきの店|元祖の味とすすきの店オリジナルの味が堪能できるよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください