いらないアベノマスクを寄付したい!募集団体や郵送方法などを紹介

新型コロナウィルスの感染拡大を防止する目的で、政府が布マスクを全世帯に2枚配布しています。

この政策に対しては、批判的な声も多く「アベノマスク」と揶揄されていますね。

そしてその「アベノマスク」をいらないという人も多くいます。

いらない人にとっては、ゴミを送りつけられるようなものですよね。

とはいえ、それをそのまま捨ててしまうのも、何となく気が引けるのではないでしょうか。

そんな人には朗報です

全国には、マスクの寄付を募っている団体がいくつかありました。

そこで今回は、それらの団体や送付方法などについて紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

アベノマスクの評判

アベノマスクに関しては、その政策が発表された直後から、様々なところで批判の声が上がりました。

このような状況にもかかわらず、布マスク2枚を配布するという発想自体に驚かされますよね。

それと同時に、安倍首相に対する呆れと、何とも言えない悲しい気分を味わされたのではないでしょうか。

しかも、驚くべきことに、その費用は約466億円にも上るということです。

そのお金があれば、医療用高機能マスクを1億枚程度購入できるそうです。

参考記事マスクはいつまで品薄?政府は増産をアピールするも購入できない理由は?

あまりの怒りに、受け取り拒否を考えている人も多いのではないでしょうか。

それを証拠に、アベノマスクに対する様々なアンケート結果が出ていますが、おおむね75%の人がいらないと答えていました。

とはいえ、残りの25%の人は、アベノマスクが必要な状況に追い込まれているということです。

それはそれで、本当に可哀想なことでもあるし、そこまで追い込んだ政府に対する怒りも感じますよね。

しかしそれだけでは、この怒り(呆れ)が収まりません。

何と、実際に配布されたマスクが小さすぎるだとか、虫が混入していた、汚れが付着していた、髪の毛が入っていた・・・

などなど、本当にお粗末すぎて、情けないことですよね。

不良品があった場合には、居住自治体に申し出て欲しいとのアナウンスもありますが、そこでも余計な労力や費用が発生してしまいます。

開封しても、さらに悲しい気持ちを味わさせるなんて、本当に終わっています。

ということで、開封せずに寄付をしてみてはいかがでしょうか。

ゴミを寄付することにもなってしまいますが・・・

Sponsored Link

マスク募集団体の紹介

マスクを募集する団体がいくつかありました。

ホームレスなどの支援団体や介護施設などです。

そこで、それぞれの郵送先や郵送方法などを紹介しますね。

ホームレス支援全国ネットワーク

全国のホームレス支援団体が加入する組織です。

寄付されたマスクは、そこから希望する会員団体に改めて配布するそうです。

URL

http://www.homeless-net.org/

住所

〒805-0015

福岡県北九州市八幡東区荒生田2-1-32

電話番号

093-651-7557

郵送方法

普通郵便(送料は自己負担です)

メールアドレス

postmaster@homeless-net.org

新宿連絡会

新宿のホームレスを支援する団体です。

マスク以外にも、カンパや物資の寄付も募っています。

URL

http://www.tokyohomeless.com/Untitled-kihu.html

住所

〒169-0075

東京都新宿区高田馬場2-6-10 関ビル106号 新宿連絡会

電話番号

03-6826-7802(平日9時~17時)

郵送方法

企業などからの大量物品は受け付けていません。(多くても段ボール2箱程度)

普通郵便可(送料は自己負担です)

山谷労働者福祉会館

東京都台東区の山谷日雇い労働者を支援する団体です。

マスク以外にも、カンパや食料品、物資の寄付も募っています。

URL

住所

〒111-0021

東京都台東区日本堤1-25-11 山谷労働者福祉会館活動委員会宛

郵送方法

発送する場合は必ず「日曜12~14時(不可の場合は14~16時)」の到着日時指定

株式会社 プラスロボ

介護福祉領域に特化した「スケッター」を運営する会社です。

URL

https://www.plusrobo.co.jp

郵送方法などの確認先

介護施設に特化したマスク寄付の特設サイト→https://www.sketter.jp/mask から詳細をご確認ください

NPO法人もったいないジャパン

不要になった食料品や日用品、衣類などを集め配布している団体です。

URL

http://mottainai-japan.com/

住所

〒253-0071

神奈川県茅ヶ崎市萩園1642-2 NPO法人もったいないジャパン

電話番号

0467-38-7222

郵送方法

詳細はURLからご確認ください。

Sponsored Link

おわりに

会見などでは、安倍首相だけが小さな布マスクを使っている姿を見ると、本当に滑稽にうつって見えます。

この政策に関しては、政府与党内にも味方がいないようです・・・

さて、今回紹介した団体の他にも、アベノマスクの寄付を募っているところはあるようです。

自己負担になるとはいえ、アベノマスクを引き取ってもらえることはありがたいですよね。

うちでも、アベノマスクが届き次第、ホームレス団体に寄付しようと決めています。

というか、なぜ安倍首相は、ここまで国民に気を遣わさせるのでしょうか。

海外でも笑いもとなった政策でしたが、逆に日本人は真面目だと思います。

捨てるのはもったいないので寄付する、という発想を持った人が多くいるということですね。

気がかりなのは、全国から相当数のアベノマスクが届きすぎるのではないか?ということです。

それを考えると、寄付しても迷惑になるような気がしますが・・・

アベノマスクの配布が終了したら、日本中の道端に大量のアベノマスクが捨てられていないことを願いたいですね。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました!

オススメ記事新型コロナの影響で運動会や修学旅行などの行事はどうなるの?
オススメ記事コロナ疲れやコロナ鬱とはどういう症状?対策・対処方法を紹介!
オススメ記事コロナ抗体検査キットはいつから日本で導入?費用や精度なども調査

2 件のコメント

  • 情報、ありがとうございました。
    説明文も、国民の気持ちをすごく上手に代弁していただいて。
    snsでも紹介させていただきますね!

    • 杉浦様

      ご丁寧なメッセージをありがとうございました。
      今後のご活躍も心より応援しております。
      今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください