ルスツリゾートホテル&コンベンション|ジュニアスイートの宿泊体験記!

こんにちは、ダイチです。

この夏、「ルスツリゾートホテル&コンベンション」のジュニアスイート(マウンテンビュー)に宿泊してきました!

今年は新型コロナウィルスの影響により、娘の夏休み期間が大幅に短縮されてしまいました。

そんな娘のために、何とかその短い夏休みを満喫してもらおうと、普段は泊まらない「ジュニアスイート(マウンテンビュー)」を予約することに。

そして実際に、その部屋に入った時にはその広さに驚かされました。

また、バスルームにはジェットバス機能付きのジャグジーバスが完備されており、豪華なアメニティーグッズも用意されていましたよ!

それでは今回は、ジュニアスイート(マウンテンビュー)での宿泊体験を紹介していきたいと思います。

ルスツリゾートホテル&コンベンションについて

ルスツリゾートの周囲には多くの宿泊施設がありますが、遊園地で遊ぶことを目的に宿泊する場合には、「ルスツリゾートホテル&コンベンション」が一番便利です。

また、売店や食堂、ゲームコーナーなども充実しており、ホテル内だけでも十分に楽しむことができますよ。

まずは簡単に、ルスツリゾートホテル&コンベンションの概要について紹介しますね。

場所

住所は「〒048-1711 北海道虻田郡留寿都村字泉川13」。

札幌市内からは車で国道230号線・石山通を利用すると約90分で到着します。

ちなみに新千歳空港からも車で約90分で到着するので、レンタカーを借りると便利かもしれません。

また、札幌と新千歳空港からはシャトルバスも運行しています。

完全予約制となっているので、早めに予約してくださいね!

○駐車場

駐車台数:2000台(夏期)/ 3000台(冬期)

宿泊者は無料となっています。

日帰りの場合は、冬期は無料ですが、夏期は有料になる場合があります。

お問合せ

電話:0136-46-3331(代表)

電話:0136-46-3111(総合予約センター)

FAX:0136-46-3229

ホームページ

ルスツリゾート全体のホームページ⇒コチラ

お部屋

「ルスツリゾートホテル&コンベンション」には様々なタイプのお部屋が530室あります。

○ジュニアスイート(マウンテンビュー)

最大定員:4名/66㎡

○ジュニアスイート

最大定員:4名/66㎡

○ツイン

最大定員:3名/33㎡

○トリプル

最大定員:4名/33㎡

○和室

最大定員:4名/33㎡

○ファイテンルーム

最大定員:3名/33㎡

○ログハウス

最大定員:24名

○コテージ

最大定員:6名

○ドッグコテージ

最大定員:4名

チェックイン/チェックアウト

チェックイン / 15:00~22:00

チェックアウト / 11:00

Sponsored Link

ジュニアスイート(マウンテンビュー)について

ジュニアスイート(マウンテンビュー)は全7室しかありません。

そのため、早めの予約が必須となります。

今回は運よく、2連泊することができたので、ジュニアスイート(マウンテンビュー)での贅沢な時間をのんびりと過ごすことができました。

ということで、ジュニアスイート(マウンテンビュー)について、順に紹介していきますね。

リビング

広々としたリビングにはダブルベッドと家族でくつろげる大きなソファーがあります。

ベッドの横にはクローゼットがあり、収納スペースで困ることはありません。

ベッドの横の窓際には椅子と机が備え付けられています。

大きな鏡もあるので、お化粧机として利用されることが多いのかもしれませんね。

ちなみに今回は、娘の勉強机として利用させてもらいました(ほとんど勉強していませんが・・・)。

広々としたリビングには大満足だったのですが、コンセントが少なかったのがやや不便でしたね。

ベッドルーム

ジュニアスイート(マウンテンビュー)には、完全に区切られたベッドルームがあります。

ベットが2台、テレビ、加湿空気清浄機、そしてクローゼットも単独であります。

このベッドルームだけで普通のお部屋の広さになるのではないでしょうか。

今回は妻と娘がベットルームを使用しました。

私はリビングの大きなベッドを独り占めです!

洗面所

洗面所にはロクシタンの石鹸などをはじめとする、さまざまなアメニティグッズが取り揃えられていました。

特にありがたかったのが、体を洗うボディーウォッシュタオルがあったことですね。

高級ホテルでも、ここまでの品ぞろえは、なかなか無いのではないでしょうか。

バスルーム

バスルームも広い!

中央にはジェットバス機能付きのジャグジーバスがあり、入り口の横にシャワーも完備しています。

「ルスツリゾートホテル&コンベンション」には温泉もあるのですが、感染リスクのことを考えると、自分の部屋でお風呂を楽しむ方が安心ですよね。

今回の決め手は、このバスルームの存在が大きかったです。

トイレ

洗面所の右側にはトイレがあります。

真新しい綺麗なトイレでしたよ!

当然のことながら、ウォシュレットなどの機能もついていました。

冷蔵庫

リビングとベッドルームの間に冷蔵庫やポットが完備されています。

冷蔵庫自体はそれほど大きくないので、注意してくださいね。

そのほかの情報

売店

「ルスツリゾートホテル&コンベンション」ではルームサービスがないので、不足するものがあれば、フロントを降りたところにある売店で調達してくださいね。

私は夜のお酒用に氷とおつまみを買いました。

ちなみに少し歩きますが、ホテルを出て道路をはさんだすぐのところにもコンビニがありますよ。

花火

夜は娘のために花火をすることにしました。

自宅周辺では花火をする場所がないので、娘も大喜びでしたよ!

あらかじめフロントに花火をする旨を伝えると、水の入ったバケツとチャッカマンを貸してくれます。

場所はフロントの出入り口近くにあるテニスコートになります。

我々家族しかいなかったので、何の気兼ねすることも無く楽しむことができました。

※打ち上げ花火、置き花火は禁止です。

喫煙室

館内は禁煙となっているため、愛煙家のみなさんが、必ずチェックするのが喫煙室の場所ですよね。

喫煙スペースは何箇所かありますが、私が利用していたのは、ノースウィングとサウスウィングの境目にある1階の喫煙室でした。

部屋からも少し距離があるため、タバコの臭いをある程度消すことができます。

肩身が狭くなりつつある愛煙家にとっては、切実な問題ですよね・・・

ヘリコプター体験

先ほども触れたように、今回は2連泊しました。

その特典として、ヘリコプターの体験遊覧飛行がプレゼントされましたよ!

通常は5分間の飛行で1人8,000円となっています。

親子3人で24,000円分の遊覧飛行を無料で体験することができました。

私はこの遊覧飛行が一番感動したかもです。

↓↓やや画像が荒れていますが、宜しければ遊覧飛行の様子をご覧下さい!

予約サイト

私はいつも、ホテルやレンタカーの予約に関しては、じゃらんネットを利用しています。

宿泊施設や宿泊プランが豊富なため、宿泊先を探すときは必ずチェックしますよ。

また、じゃらんネットを利用するとポイントも付与されるため、次回の旅行にも使うことができます。

↓↓私はおススメだと思いますね~。



Sponsored Link

おわりに

今回は「ルスツリゾートホテル&コンベンション」の「ジュニアスイート(マウンテンビュー)」についてのご紹介でした。

私も予約の段階で、「ジュニアスイート(マウンテンビュー)」について調べたのですが、意外と情報が少なかったように感じました。

今回のご紹介で、「ジュニアスイート(マウンテンビュー)」の贅沢さが伝わったのではないでしょうか。

実際に「ジュニアスイート(マウンテンビュー)」を経験してしまうと、今後ほかの部屋には泊まれなくなってしまいます。

とはいえ、今回は本当に様々な条件が重なり、運良くとまることができただけなのですが・・・

できれば、再度泊まれるチャンスがあれば良いと思います。

皆さんもこの贅沢なお部屋を満喫してくださいね!

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました!

オススメ記事HARE/PAN(ハレパン)札幌店|純生食パン工房が8月29日に北海道初進出!
オススメ記事ザ ノット札幌がオープン!お部屋やレストランなどの詳細情報を紹介
オススメ記事KITAKARO L(北菓楼 エル)の店舗情報やアクセス・限定商品などを紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください