おたる水族館の遊園地!祝津マリンランドは子供の大人気スポット

おたる水族館に隣接する「祝津マリンランド」。

小樽中心部の観光スポットから少し足を延ばすと、そこには子供たちに大人気の遊園地があります。

しかも入場料が無料ということもあり、遊園地だけを堪能したい場合には、気軽に足を運ぶことが出来ます。

午前中から小樽観光とお昼ご飯を食べてからでも、時間的には十分に余裕があるので、家族全員が楽しめますよ!

もちろん、おたる水族館と一緒に楽しむこともできます。

今回はそんな「祝津マリンランド」を紹介していきますね。

Sponsored Link

祝津マリンランドの基本情報

営業期間に注意!

祝津マリンランドは屋外にある遊園地のため、意外と営業期間が短いので注意が必要です。

毎年異なりますが、4月下旬から10月中旬までが営業期間となっています。

そして、おたる水族館とも営業期間や営業時間が異なるので、詳しくはこちらをご確認ください。

悪天候の際には閉園の可能性もあるため、電話(0134-33-1400)にて直接確認した方が良いかもしれません。

我々家族も、営業期間のことを全く考えずに遊びに行ったことがありましたが、その日が営業最終日だったことがあり、結構早い時期で閉園になるのだと思い焦りました・・・

せっかく遊びに来て閉園だと、子供もかわいそうですもんね。

アクセスや駐車料金

小樽中心部から海沿いに少し行くと、祝津にたどり着きます。

車で訪れる場合には、札樽自動車道小樽ICより、20分程度の道のりです。

また、JR小樽駅から「おたる水族館」に向かうバスも運行しています。

駐車場は全部で1000台分のスペースが設けられており、駐車料金は以下のようになっています。

大型車:1000円
中型車:800円
小型車:600円
バイク:200円

スペースが広い分、それだけ遠くになる場合もあります。

また、駐車場は山肌にあるため、急こう配には注意してください。

Sponsored Link

祝津マリンランドの乗り物は?

祝津マリンランドの入場料は無料ですが、乗り物にはそれぞれ料金がかかります。

まず遊園地内の切符売り場で、券を購入してください。

1点券は100円で、回数券は11点分で1000円となっています。

それぞれの乗り物が点数制になっており、1つの乗り物だけでは満足できないと思うので、回数券の方がお得です!

また、それぞれの乗り物には、身長制限があるため、注意が必要です。

それでは、祝津マリンランドの乗り物を一つずつ紹介していきますね。

観覧車

1回3点(300円)、身長制限なし

祝津マリンランドに到着すると、最初に目に入るのが観覧車ですね。

山の上にあるので、その大きさもかなり際立って見えます。

そして実際に乗ってみると、その眺望に感動します。

↓こちらでお楽しみ下さい!

目の前に広がる海を眺めつつ、祝津マリンランド内を一望できます。

さらに天気が良ければ、札幌駅のJRタワーが見えるそうです。

子供たちも大興奮ですが、大人も一緒に楽しめますよね!

サイクルライダー

1人乗り:1回2点(200円)、2人乗り:1回3点(300円)、身長110㎝以上

サイクルライダーも目立ちます。

自転車を漕ぎながらの空中散歩ですが、下から見ていても結構こわそうです。

実際に乗ってみると、何となく心もとないレールの上を走るので、景色を楽しむの半分、恐怖心半分といったところでしょうか・・・

↓こちらの動画で少し体感してみて下さい!

子供の方が変な恐怖心を持たずに楽しんでいました。

チェーンタワー

一人2点(200円)、身長100㎝以上

こちらも、言ってみれば空中散歩なのでしょうか?

チェーンに吊られたイスに乗り、グルグルとひたすら回転します。

大人気の乗り物で、子供は大喜びでした。

バイキング

一人3点(300円)、身長130㎝以上

こちらも遊園地には欠かせることのできない乗り物ですね。

見ているだけで恐怖心があおられます。

身長制限がやや高めなので、それだけ大人向けなのかもしれませんね。

うちの子供は身長が足らずに乗ることが出来ませんでしたが、そろそろ一緒に乗らないといけないのかな・・・

ゴーカート

1人乗り:1回2点(200円)、身長140㎝以上

2人乗り:1回3点(300円)、3歳~小学生は18歳以上の人と同乗

ゴーカートは1人乗りと2人乗りの2種類あります。

身長が140㎝以上あれば、1人乗りで自由に滑走することができ、ゴーカートを満喫することができますね。

コースも林の中を潜り抜けていき、後半には急カーブなどがあり、非常に楽しめます。

身長が140㎝以上ない場合には、アクセルやブレーキを操作することが出来ないため、2人乗りで18歳以上の人が同乗する必要があります。

とはいえ、2人乗りだと子供とキャーキャー言いながら乗ることができるので、車好きの子供たちは十分に満足することができますね。

スピントップ

一人2点(200円)、身長制限なし

こちらも身長制限が無いため、子供と一緒に楽しめます。

某人気ネコ型ロボットに似たてんとう虫が、グルグルと回転しながら上下します。

単純な動きなのですが、大人には少しこわいかも。

子供は楽しかったらしく、再度乗っていました。

スカイライド

一人2点(200円)、身長制限なし

飛行機やぞうさんがゆっくりと回転します。

自分で上下に操縦できる楽しみもあり、安全に空中遊泳を満喫できます。

モーターボート

一人2点(200円)、身長制限なし

水面の上をゆったりとボートが回転します。

こちらもゆったりと楽しむことができる、低学年向きの乗り物ですね。

くじら列車

一人2点(200円)、身長制限なし

園内を一周、ゆっくりと走る、くじらの列車です。

列車好きの子供たちにはたまりませんね!

トンネルの中もイルミネーションがきれいなので、大人も一緒に癒されます。

バッテリーカー

1回100~200円、身長制限なし

こちらは乗り物券ではなく、バッテリーカーに直接硬貨を入れます。

様々な種類の可愛らしいバッテリーカーがあり、小さな子供たちが楽しそうに遊んでいました。

Sponsored Link

まとめ

祝津マリンランドには年齢に応じた乗り物があるため、家族全員が楽しむことが出来ます。

しかも入場料が無料で、リーズナブルな値段で楽しめます。

さらには、イベントなどがあると、さらに特別な値段設定になることがあります。

ちなみに今回訪れた日は、たまたま全ての乗り物が2点(200円)でした。

こうしたラッキーデーに当たるということも楽しさを倍増させてくれます。

とはいえ、天候によっては、休園や営業時間の変更もあるそうなので、事前のチェックが必要ですね。

今回は、札幌からもあっという間に訪れることができる、人気の穴場スポットのご紹介でした。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました!

オススメ記事白い恋人パーク|子供と一緒に楽しめる人気お出かけスポットを紹介!
オススメ記事回転寿司 魚一心 小樽店|メニューが豊富で値段や味も大満足!
オススメ記事サッポロさとらんど|子供と一緒に北海道の大自然を満喫体験記!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください