YASU(北海道タレント)の出身は?プロフィールや経歴について紹介

北海道のローカルタレントとして活躍するYASUさん。

HBCのラジオ番組「カーナビラジオ午後一番!」のメインパーソナリティを長年務めています。

そのトークを毎回楽しんでいる人も多いのではないでしょうか。

そんなYASUさんなのですが、北海道出身者ではありませんでした。

そこで今回は、YASUさんのプロフィールや経歴などについて紹介していきたいと思います。

それでは早速、見ていきましょう!

Sponsored Link

YASU(北海道タレント)のプロフィールは?

まずは簡単に、YASUさんのプロフィールから紹介しますね。

YASUさんの本名は、久保田 泰弘(くぼた やすひろ)さんとおっしゃいます。

生年月日は1960年1月9日ということなので、2020年の誕生日で60歳になるのですね。

最近少し老けてきたな~と感じていたのですが、還暦を迎える年齢だったのです。

ラジオでYASUさんのトークを聴いていると、昔と変わらず、少年のように無邪気なので、逆に元気過ぎて驚かされます。

そして、気になる出身地なのですが、群馬県伊勢崎市でした。

ラジオでも子供の頃の話をすることがありますが、昔から無邪気でわんぱくな少年だったようです。

そんな少年の気持ちを持ったまま、大人になったとも自身で話していました。

そんなYASUさんの血液型はA型ということなので、表面上はお茶目なオジサンですが、根は几帳面で真面目なのかもしれませんね。

それを裏付けるように、法政大学法学部法律学科を卒業しています。

あのYASUさんが、大学で法律の授業を真面目に受けていたということが想像できません・・・

やるべきことはしっかりとやり、自分の好きなことにもエネルギーを注ぐことが出来るという人物だったのですね。

Sponsored Link

YASU(北海道タレント)の経歴は?

YASUさんは高校時代からバンド活動を始めています。

そして、大学卒業後には「ストリート・ダンサー」というロックバンドを結成し、YASUさんはボーカルとギターを務めていました。

ちなみにバンド時代は「及出 泰(おいで やす)」という芸名だったそうです。

本当に昔からお茶目な性格は変わっていなかったのですね。

1986年にはメジャーデビューを果たし、CMソングやテレビ番組のテーマソングなどに曲が起用されるようになりました。

また、バンド活動と同時にラジオ番組にも出演することになります。

その後、1991年にバンドは解散し、YASUさんはソロ活動を始めました。

テレビアニメ「クッキングパパ」のオープニングテーマである「ハッピー2ダンス」などの有名な曲を歌っています。

実は歌手としてもしっかりと成功を収めていたのですね。

そして、1995年に北海道札幌市に移住し、本格的に北海道のローカルタレントとして活躍するようになっていきました。

北海道で何度か仕事をしたYASUさんは、北海道のことが大好きになったのでしょう。

1996年からは、「カーナビラジオ午後一番!」のメインパーソナリティに抜擢されることになります。

まさに、この番組がYASUさんを北海道のローカルタレントとして定着させることになりました。

しかも現在でもその番組は継続しており、北海道のお昼のラジオといえば、YASUさんがその代表格となっています。

さらには、北海道のCMに出演したり、各種イベントの司会などを行い、北海道に完全に浸透していきました。

また、「ブラックビートルズ」というバンドを組み、音楽活動も続けています。

とにかく、還暦になるとは思えないほどの、エネルギッシュな人物ですよね。

YASU(北海道タレント)の「カーナビラジオ午後一番!」

先ほども触れましたが、改めて「カーナビラジオ午後一番!」について紹介しますね。

1996年4月8日から始まったラジオ番組は、平日の12:00~16:00まで放送しています。

北海道の午後に笑いと涙と興奮を!」というキャッチコピーを掲げており、まさにそのような放送内容になっています。

現在、YASUさんのアシスタントを務めているのは山根あゆみさんですが、番組開始当初から13年間は田村美香さんがアシスタントを務めていました。

最近は「カーナビラジオ午後一番!」を聴く機会が少なくなってしまったため、田村美香さんの時代を懐かしく思います。

私が「カーナビラジオ午後一番!」を聴くきっかけとなったのが、大学の卒業試験の前でした。

卒業試験の半年前からテレビを封印し、唯一の娯楽が「カーナビラジオ午後一番!」だったのです。

とはいえ、放送をずっと聴き続けていたというわけではなく、勉強の合間の息抜きのドライブ中に、車の中で聴いていました。

ほんの少しの時間ではありましたが、YASUさんと美香さんのトークに引き込まれることになりました。

その後、大学を卒業してからも、聴ける時間があればにチャンネルを合わせています。

実際にYASUさんと美香さんのイベントにも足を運んだこともあります。

その当時は二人ともまだ若く、タレントのオーラをひしひしと感じさせられました。

アシスタントが山根あゆみさんに代わってからしばらくは、少し物足りなさを感じていましたが、今ではすっかりYASUさんの良きパートナーとして活躍しています。

残念ながら、今はあまり聴けていませんが、何とか「カーナビラジオ午後一番!」を聴ける環境を整えたいと思います。

Sponsored Link

おわりに

私が北海道で生活するようになってから、「カーナビラジオ午後一番!」と「ウィークエンドバラエティ 日高晤郎ショー」というラジオ番組に出会いました。

北海道民にとっては、この2つのラジオ番組は、絶対的な存在だったのではないでしょうか。

残念ながら、日高晤郎さんは2018年4月3日に永眠され、「ウィークエンドバラエティ 日高晤郎ショー」が聴けなくなり、非常に大きなショックを受けたのを覚えています。

いつでも聴けると思っていたラジオ番組が、突然聴けなくなるという虚無感というものを初めて味わいました。

おそらく、「カーナビラジオ午後一番!」が突然聴けなくなったりすると、同じような虚無感に襲われるに違いありません。

YASUさんにも、体調管理だけには十分に気をつけてもらい、一日でも長く、「カーナビラジオ午後一番!」を続けてもらいたいと思います。

あと20年くらいは大丈夫ですよね!

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました!

オススメ記事しろっぷ(北海道芸人)の高校や大学は?プロフィールや経歴も紹介!
オススメ記事上杉周大が結婚してた!北海道でのブギウギ専務の活躍も紹介
オススメ記事モリマンのモリ夫が札幌すすきのでスナックのママとの噂を調査

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください