燦鳥(サントリー)ホノルル店|和食御膳などのランチメニューを紹介!

こんにちは、ダイチです!

今回は北海道を離れ、ハワイグルメのご紹介です。

ハンバーガーやロコモコなどのハワイグルメを堪能していると、ふと、和食が恋しくなる時がありますよね。

最近では、日本食店が集結するワイキキ横丁などが有名になっています。

しかし、日本人でごった返しており、落ち着いた雰囲気ではありません。

その点で言うと、燦鳥(サントリー)ホノルル店落ち着いた雰囲気で和食ランチを楽しめる老舗の名店です。

もちろん、鉄板焼ランチもメニューにはあります。

とはいえ、鉄板焼はディナーで楽しみたいところですよね。

ということで、今回は燦鳥(サントリー)ホノルル店のランチについて紹介していきたいと思います。

それでは早速、見ていきましょう!

Sponsored Link

燦鳥(サントリー)ホノルル店について

まずは簡単に、燦鳥(サントリー)ホノルル店について紹介していきますね。

燦鳥(サントリー)ホノルル店は日本のサントリーの直営店で、地元ハワイの日本食通の間でも人気のお店となっています。

本格的な和食を堪能できるのはもちろんなのですが、鉄板焼コーナーお寿司コーナーも併設されています。

参考記事燦鳥(サントリー)ホノルル店|ワイキキディナーの鉄板焼がオススメ!
参考記事燦鳥(サントリー)ホノルル店|和食が恋しい時のオススメ店の紹介!

日本人料理人が心をこめて提供する料理は、変な創作が加えられておらず、純粋な日本料理を堪能させてくれますよ。

そして、店内は非常に落ち着いた雰囲気のため、ハワイにいることを一瞬忘れてしまうほどです。

ハワイで日本料理を食べる意義を問われる方もいらっしゃると思いますが、ハワイで食べる日本料理だからこそ、贅沢な時間を過ごすことが出来るのではないでしょうか。

燦鳥(サントリー)ホノルル店の場所

燦鳥(サントリー)ホノルル店の魅力の一つに、その好立地という要素も大きいのではないでしょうか。

ワイキキ中心部にある、ロイヤルハワイアンセンターB館の3階で、1980年から営業しています。

ワイキキの街並みはどんどんと変化していますが、燦鳥(サントリー)ホノルル店が、そこに存在し続けているということも凄いですよね。

ワイキキにあるホテルに宿泊した場合は、本当に通いやすい場所にあるため、今回のハワイ旅行では、3回もお世話になりました。

午前中にホテルのプールや海で遊び、燦鳥(サントリー)ホノルル店でランチを済ませてから、再びホテルに戻ってから遊ぶことが出来ます。

今回のハワイ旅行は、娘を中心に行動していたため、必然的にそうなってしまったのですが・・・

とはいえ、子供連れで気軽に日本食が食べられる場所を確保しておくと安心です。

燦鳥(サントリー)ホノルル店の営業時間

燦鳥(サントリー)ホノルル店では、どの時間に行っても、美味しいお食事を楽しむことが出来ます。

定休日はありません。

ランチタイム

月曜日~金曜日 / 11:30~13:30
土曜日・日曜日 / 12:00~14:00

ディナータイム

月曜日~金曜日 / 17:30~21:30(ラウンジアワー/14:00~17:00)
土曜日・日曜日 / 17:30~21:30(ラウンジアワー/14:30~17:00)

Sponsored Link

燦鳥(サントリー)ホノルル店のランチメニュー

ランチメニューを順番に紹介しますね。

画像では見にくいので、改めて書き出してみます。

1ページ目

1ページ目は、鉄板焼のメニューが並んでいます。

2種類選べる鉄板コンボ($26)

彩り和サラダ・焼野菜・ライス(ガーリックライスへのの変更は+$3.5)・味噌汁」のそれぞれが付いており、以下の4種類のメインディッシュから2種類を選びます。

・US黒毛サーロイン(115g)
・サーモン(115g)
・海老と帆立(各1pc)
・若鳥(115g)

贅沢にも2種類のメインディッシュを選べますが、お得な値段ですよね。

どれを選ぶか悩んでしましますが・・・

鉄板ランチセット

こちらも、「彩り和サラダ・焼野菜・ライス(ガーリックライスへのの変更は+$3.5)・味噌汁」のそれぞれが付いています。

そして、以下のメインディッシュから選びます。

・US黒毛牛サーロイン(140g:$22 / 230g:$29)
・US黒毛牛フィレ(140g:$27 / 230g:$37)
・US黒毛牛シャトーブリアン(140g:$34 / 230g:$46)
・宮崎牛サーロイン(115g:$72 / 230g:$134)
・若鶏ステーキ(140g:$17)
・サーモンのステーキ(140g:$18)

お肉の種類によって、露骨に値段が変わってきますね。

宮崎牛サーロインにいたっては、もはやランチの値段を超えています・・・

ステーキ&シーフードコース

彩り和サラダ
刺身盛り
海の幸
・海老と帆立(各1pc)

主菜
・US黒毛牛サーロイン(140g:$43)
・US黒毛牛フィレ(140g:$48)

焼き野菜
ガーリックライスとお味噌汁
お好みのアイスクリーム

かなり豪華なラインナップですよね。

ランチにしては、ボリュームが凄すぎます。

ロブスター&ステーキコース

彩り和サラダ
刺身盛り
焼き野菜
ロブスターテール(1pc)
ガーリックライスとお味噌汁
お好みのアイスクリーム

選べる主菜
・US黒毛牛サーロイン(140g:$64)
・US黒毛牛フィレ(140g:$48)
・宮崎牛(115g:$114)

こちらのコースもランチの範疇を超えているような気がします。

せっかくのディナーに影響を及ぼしそうですよね。

シーフードコース($26)

彩り和サラダ
刺身盛り
海の幸
・海老と帆立(各1pc)

主菜
・海鮮ステーキ2種(120g)

焼き野菜
ガーリックライスとお味噌汁
お好みのアイスクリーム

量やお値段的にも、コースの中では普通のランチに近いのではないでしょうか。

追加メニュー

・ロブスターテール(1pc):$34
・ハワイ島の活あわび(1pc):$24
・海老と帆立(各1pc):$12
・フォアグラの照り焼き:$10

さらに追加メニューがあるのも凄いですよね。

個人的には、フォアグラの照り焼きを絶対に頼みます。

とはいえ、ランチでは食べないと思いますが・・・

2ページ目

2ページ目には、本格的な和食と麺類が並んでいます。

このページからは、良心的な値段設定になっています。

和食ランチコンビネーション

和食ランチコンビネーションには、「小鉢・ライス・味噌汁」が付いており、以下の主菜から選びます。

・お刺身と銀鱈の味噌焼き($26)
・お刺身と鰻の蒲焼き($26)
・銀鱈の味噌焼きと餡掛け豆富($19)
・さば味噌焼きと天ぷらの盛り合わせ($18)
・お刺身とさば塩焼き($21)
・お刺身と天ぷらの盛り合わせ($26)

お重

それぞれのお重には「彩り和サラダ・小鉢」が付いています。

・うなぎ重 澄まし汁付き($29)
・海鮮天重 味噌汁付き($17)
・えび天重 味噌汁付き($19)

月替わり旬彩膳($32)

旬小鉢・刺身・焼物・揚物・煮物・食事・デザートなど

和食膳

和食膳にも、「小鉢・ライス・味噌汁」が付いており、以下の主菜から選びます。

・天ぷら膳($16.50)
・すき焼き膳($23)
・お刺身膳($24)
・豚ひれかつ膳($18)
・豚肉の生姜焼き膳($16)

寿司膳

寿司膳には、「小鉢・味噌汁」が付いてきます。

・特上にぎり寿司膳($32)
・にぎり寿司膳($24)
・お刺身とちらし寿司膳($29)

麺類

麺類には、「小鉢」が付いてきます。

・天ぷらざるそば・うどん($16.50)
・鍋焼きうどんと天ぷら($18)
・冷やし梅素麺と鮪とろろ小丼($16)

3ページ目

3ページ目には、丼とデザートが並んでいます。

丼もの

丼ものには、「小鉢・ライス・味噌汁」が付いてきます。

・まぐろの漬けとろろ丼($19)
・まぐろとアボカドのポキ丼($19)
・まぐろの中おち丼($15)

・鮭とアボカドのスパイシー炙り丼($17)
・コナカンパチの胡麻漬け丼($18)

寿司飯丼

寿司飯丼には、「彩り和サラダ・小鉢・味噌汁」が付いてきます。

・バラちらし寿司($18)
・北海すし丼($19)

デザート

・クリームあんみつ($5)
・コーヒーゼリー($5)
・天ぷらアイスクリーム($5)
・フルーツ杏仁豆富($5)
・黒胡麻プリンとアイス($5)
・アイスクリーム(各種)($3.5)

燦鳥(サントリー)ホノルル店での注文と実食

その日の午前中は、ホテルのプールで娘と遊び、ランチをどうしようかと悩んでいました。

プールサイドでのハンバーガーのランチが続いたため、燦鳥(サントリー)ホノルル店で日本食を食べることに。

早速お店に電話したのですが、意外とあっさり、予約を取ることが出来ました。

そして、準備を整えて、ロイヤルハワイアンセンターへ向かいます。

年末年始のお昼時なので、多くの人でごった返していました。

燦鳥(サントリー)ホノルル店に到着した我々は、右側の部屋に案内されます。

店内は落ち着いた雰囲気で、外の騒がしい空気とは、全く異なりました。

そして、何を食べようかとメニュー表を見ますが、どれも魅力的でなかなか決まりません・・・

かなり悩んだ挙句、私は「天ぷらざるそば」を注文することに。

おのおのの注文が終了し、料理が運ばれてくるのを待ちます。

待っている間にも、ほかのお客さんが次々と訪れ、あっという間に席は満席に。

日本人が多いのかと思いきや、半分は外国の方でした。

そして、器用にお箸で食事をするその姿に感心させられました。

そうこうしているうちに料理が運ばれてきます。

納豆巻

ランチメニューには無かったのですが、娘用の「納豆巻」が登場です。

お寿司コーナーもあるので、融通が利くのでしょうね。

娘は美味しそうに納豆巻を食べ進めていました。

冷やし梅素麺と鮪とろろ小丼

次に登場したのは、「冷やし梅素麺と鮪とろろ小丼」です。

本来であれば、梅干しは素麺の中に入っているのですが、娘が素麺を食べるために、梅干しだけ別にしたもらいました。

そして、鮪とろろ小丼は、私がいただくことに!

妻は、サラダと娘の残した納豆巻と素麺です・・・

天ぷらざるそば

先に小鉢が運ばれていたので、少しつまんでいると、「天ぷらざるそば」が登場しました。

まずは、天ぷらから頂きました。

オレンジ色の天ぷらが気になったので先に食べると、ニンジンでした。

私はニンジンが苦手なので、ややテンションダウン・・・

そしてシソの天ぷらで口直し。

パリパリとした食感と、シソの風味が口全体に広がり、再びテンションアップ!

そして、ざるそばをいただきます。

かなり期待していましたが、ごくごく普通のざるそばでした。

とはいえ、ABCストアなどに売っているそばよりかは、断然に美味しいです。

ハワイのコンビニのおそばと比べるのも失礼な話なのですけどね。

ということで、かなりお得な値段でランチが終了し、午後からの海水浴のために英気を養うことが出来ました

Sponsored Link

おわりに

今回は、燦鳥(サントリー)ホノルル店ランチメニューのご紹介でした。

本当に良心的なお値段で、日本食のランチを堪能することが出来ました。

ホテルで食べるハンバーガーの半分くらいのお値段です。

そして、ホテルにも近く、落ち着いた雰囲気の燦鳥(サントリー)ホノルル店は安心して食事を楽しむことが出来ます。

もし、燦鳥(サントリー)ホノルル店でランチの経験がない方は、一度は試してもらいたいと思います。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました!

オススメ記事トップオブワイキキ|日本語メニューも充実した人気老舗店の紹介!
オススメ記事ハワイのティムホーワン|ワイキキの本格的な飲茶専門店のご紹介!
オススメ記事スカイワイキキの予約やドレスコードは?ハワイの人気スポットの紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください