木村洋二アナの高校や大学は?定年までの経歴や現在について紹介

STV(札幌テレビ)の看板アナウンサーとして活躍する木村洋二アナ

あまりにも北海道に馴染んでいるので、てっきり北海道の出身なのかと思いますよね。

ところが、木村洋二アナは道外の出身者でした。

そんな木村洋二アナの高校や大学が気になります。

また、定年を迎えたという噂がありますが、現在までの経歴などについても紹介していきたいと思います。

それでは早速、見ていきましょう!

Sponsored Link

木村洋二アナの高校や大学は?

まずは簡単に、木村洋二アナのプロフィールから紹介しますね。

木村洋二(きむらようじ)アナは、1959年10月26日生まれなので、2019年の誕生日で還暦を迎えました。

そういえば、テレビ番組の「1×8いこうよ!」で還暦のお祝いを行っていましたね。

還暦という響きは、どうしてもお年寄りのイメージになってしまいますが、木村洋二アナは、相変わらずの元気なテンションで、年齢を感じさせません。

そんな木村洋二アナの出身地は、山口県の下関市でした。

木村洋二アナは、将来北海道で生活するとは思ってもいなかたのではないでしょうか。

山口県下関市出身の木村洋二アナですが、高校は地元でもトップレベルの「山口県立下関西高等学校」を卒業しています。

高校卒業後は上京し、「東洋大学法学部」に進学しました。

そこで、木村洋二アナのアナウンサー人生への扉が開くことになります。

しかし当初は、アナウンサーになるということは考えていませんでした。

上京した木村洋二アナは、下関のなまりがコンプレックスと感じており、それを直すために「アナウンス研究会」に所属することになります。

本当にたまたま勧誘されて、その先輩が優しかったということもあったそうです。

偶然所属することになった「アナウンス研究会」でしたが、木村洋二アナには非常に肌に合っていました。

「アナウンス研究会」の仲間に会うことが楽しくて、毎日しっかりと大学に通い、授業も真面目に受けていたそうです。

最終的には部長も務めた木村洋二アナは、このサークル活動が、自分の大学生活を、より豊かなものにしてくれたと語っています。

そして、就職活動のシーズンが始めると、仲間たちがアナウンサー試験を受けるということで、木村洋二アナも一緒に受けたそうです。

結果的にSTV(札幌テレビ)に採用された木村洋二アナは、北海道で人気アナウンサーに成長することになりました。

本当に色んな偶然が重なって、北海道でアナウンサー人生を歩むことになったのですね。

とはいえ、その人生は偶然ではなく、北海道で活躍するための必然だったのではないでしょうか。

木村洋二アナはどんな人?

1982年にSTV(札幌テレビ)に入社した木村洋二アナは、ニュース番組から情報番組、そしてバラエティ番組までと、幅広い活躍をしてきました。

飄々とした感じと優しい口調で、何ともいえない可愛らしいキャラクターの持ち主である木村洋二アナは、多くの北海道民から愛されるようになります。

特にバラエティ番組で活躍する木村洋二アナは、非常に良い味を出してきました。

なんと、番組の撮影中に、本気で溺れかけたこともあります。

どうしてそんなことが起こりうるのか分かりませんが、数々のハプニングを生み出す天然な部分も憎めません。

何となく、そのようなキャラクターでの印象が強いため、真面目にニュースを読んでいる姿を見ると、違和感を感じてしまいます。

そんな木村洋二さんも、順風満帆なアナウンサー人生だけではありませんでした。

実は過去に2回、仕事を休養した時期があったのです。

1回目は2009年2月から4か月間の休養がありました。

2回目は2016年2月から休養に入り、ラジオでは2017年8月に、テレビでは2017年10月にそれぞれ復帰を果たしています。

原因は過労による体調不良としか発表されていないため、多くの憶測が流れることになりました。

何らかの原因で精神的に追い込まれ、うつ病になってしまったとか、ガンに侵されてしまったとも言われていました。

復帰直後にはかなり痩せた姿に、ファンの多くは心配させられることになります。

そこからは何事もなく、月日が流れ、木村洋二アナは、もとの明るい姿で活躍するようになりました。

木村洋二アナは、テレビで見ていると明るくて、悩み事がなさそうな印象を受けますが、意外と繊細な心の持ち主なのかもしれませんね。

何はともあれ、木村洋二アナが完全復帰されたことに、心から嬉しく思います。

Sponsored Link

木村洋二アナが定年?

木村洋二アナは、還暦を迎えるにあたって、「STVラジオ取締役エグゼクティブアナウンサー」に就任しています。

そして、2019年10月31日付けで、STV(札幌テレビ)を定年退職しました。

その後は、STVラジオの役員でありながら、アナウンス業務も継続しています。

STVの人気看板アナウンサーなので、好待遇で会社に引き留められたのでしょうね。

ということで、木村洋二アナは、会社のとっても偉い人に昇進していたのです。

木村洋二アナが大泉洋さと絡んでいる姿を見ると、とても会社の偉い人とは思えませんよね。

というか、偉い人にそんなことさせちゃダメでしょ!と普通の会社ではなると思います。

そこは社風なのか、木村洋二アナの人柄なのか分かりませんが、後者の要因の方が大きいのでしょうね。

北海道民にとっては、木村洋二アナの存在は別格だと思います。

木村洋二アナの姿をテレビで見たり、ラジオで声を聴くと、何ともいえない安心感に包まれます。

そんな木村洋二アナには生涯現役で活躍してもらいたいですよね。

↓↓【OA終わった?】木村洋二アナ

おわりに

生まれ故郷の山口県を離れ、遠い北海道で人気者になった木村洋二アナ。

木村洋二アナのようなキャラの持ち主はなかなかいません。

もちろん、アナウンサーとしての技術にも卓越しているのでしょうね。

TBSの看板アナウンサーである、安住紳一郎アナが木村洋二アナのことを尊敬するほどの人物です。

北海道帯広市出身の安住紳一郎アナなので、学生時代から木村洋二アナの姿を見ていたのでしょうね。

そんな木村洋二アナは、今では完全に北海道民として生活されていますが、将来的には山口県に帰ることも考えているのでしょうか。

とはいえ、北海道民の多くは、木村洋二アナの北海道での息の長い活躍を期待しております。

札幌に住んでいると、北海道の有名人と遭遇することが結構あります。

木村洋二アナも過去に2回ほど見かけたことがあります。

木村洋二アナは、テレビで見る姿と全く変わりませんでした。

初めて見た時には、木村洋二アナに向かって思わず会釈してしまいましたが、木村洋二アナはキョトンとした顔つきでした。

声をかけられることも多いのでしょうね。

今度会う機会があれば、サインをもらおうかな?

木村洋二アナの今後の活躍も心から応援しております。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました!

オススメ記事安住紳一郎の身長と体重や年収は?結婚しない訳についても調査
オススメ記事大泉洋の高校や大学は?水曜どうでしょうを経て北海道から全国へ!
オススメ記事森崎博之の嫁や子供は?北海道で農業を頑張っている理由を紹介

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください